2016年07月06日更新
病気 ライフハック 雑学

確実に早死する7つの生活習慣とは?

「自分の好きなように生きる!」と毎日じゃんじゃん悪習慣を続けていませんか? 今は見えなくてもあなたの体は確実に蝕まれ、ポックリ突然死……という結果になりかねません。 その悪習慣、自分が可愛いなら今すぐやめましょう! 

88893
0

座りっぱなしの生活

画像を拡大

4時間以上と座位時間が増えるにつれて総死亡リスクが11%ずつ上昇

出典:www.shaftt.com
座っている時間が多い人は、心筋梗塞(こうそく)と糖尿病になる確率がなんと通常の約2倍にもなり、寿命が短いのだという

引用元:news.mynavi.jp(引用元へはこちらから)
運動不足による脂肪の増加と第二の心臓である足を使わないことによる血液循環の悪化です。
引用元:kansou135.hatenablog.com(引用元へはこちらから)
1日6時間の座りっぱなし生活が10年~20年に達すると、生活の質から生存年数を割り出す「質調整生存年(QALY)」が7年も減少するとのこと。これは病気などで死に至る可能性が高まることを意味します。

引用元:gigazine.net(引用元へはこちらから)

甘いジュースがぶ飲み生活

画像を拡大

「コーラや果汁飲料(果汁100%未満)」の飲用量が多いほど糖尿病の発症リスクが高い

出典:www.happyrinrin.com

スポンサーリンク

スポンサーリンク

女性で「コーラや果汁飲料(果汁100%未満)」の清涼飲料水の飲用量が多いほど、糖尿病の発症リスクが高いことを確認

引用元:epi.ncc.go.jp(引用元へはこちらから)
一般に糖尿病の患者さんは、健康な人に比べて10年寿命が短いといわれています。

引用元:www.sankei.com(引用元へはこちらから)
糖尿病を罹患している状態というのは体全体の抵抗力が弱まっている状態でもあるので、肺炎といった呼吸器疾患などが死因となってしまうことも多いのです。

引用元:糖尿病の原因.biz(引用元へはこちらから)

慢性的な睡眠不足

画像を拡大

睡眠時間と寿命に関する追跡調査では、一日6.5時間~7.5時間の睡眠時間の人が最も死亡率が低く、それより多くても少なくても、寿命は短くなる傾向にあったとされています。

出典:www.mensholos.com
睡眠時間が短いと糖尿病や肥満、高血圧や高コレステロールを引き起こしやすい。

引用元:www.afpbb.com(引用元へはこちらから)
心筋梗塞や狭心症など、心臓や血管にかかわる病気による死亡率は、睡眠不足によって約2倍ほどに高まる

引用元:tabi-labo.com(引用元へはこちらから)
学生時代に不眠を経験した人は、経験しなかった人と比べ、その後数十年間でのうつ病発症リスクが高いことが分かっています。
逆に、心療内科を受診するうつ病患者の身体症状を調べたところ、男女ともに睡眠障害が一番多かったという報告もあります。
引用元:matome.naver.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者