2019年12月18日更新
ヤマダモモコ 虐待死 平石桃子

【虐待死】東京・豊洲3歳男児虐待事件の母親は漫画家のヤマダモモコさんだった…「リュウくん…」

9月28日ごろ、東京都豊洲のタワーマンションで起きた内縁の夫による3歳男児虐待死事件。 当事者の母親が漫画「色気は分娩台に置いてきました。」の著者ヤマダモモコさんであったことが分かりました。

8082
0

東京・豊洲のタワーマンションで起きた3歳男児虐待死

9月28日ごろ、東京都江東区豊洲1丁目のマンションで山田隆太郎君の腹部に暴行をくわえ失血死させたとして、会社員渡辺雄二容疑者(34)が逮捕されました。
隆太郎くんは渡辺容疑者の内縁の妻である平石桃子さんの長男で事件当時3歳。

隆太郎くんの肺からは暴行後に浴槽に入れ、水死に偽装したとみられる水が見つかっています。

母・平石桃子さんのコメント

毎朝起きて息子がいないことに気づく度、これが夢ではないのだと絶望します。家の中でも、外を歩いても、全てが息子との思い出とつながり、ただただ失ったもののあまりの大きさと深い悲しみに打ちひしがれ、胸が張り裂ける思いです

平石桃子さんは漫画家ヤマダモモコさんだった

亡くなった隆太郎くんの母親である平石桃子さんは、「色気は分娩台に置いてきました。」で人気の育児漫画家ヤマダモモコさんであることが分かりました。
ヤマダさんは、事件が起こる前、このような投稿をしています。

およそ2年前の投稿

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ファンはショックを隠せない様子…

InstagramやTwitterの漫画を通して、隆太郎くんの成長を我が子のように見守ってきたファンの方たちはかなりショックを受けているようです…

SNSの声

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者