2016年07月06日更新
陣痛 臨月 赤ちゃん

予定日より早く産みたい!陣痛を呼ぶには?

予定日よりも早く赤ちゃんを産みたい、と考えている方もいます。実際、予定日よりも早く赤ちゃんを産む方法は存在するのか、存在するならどんな方法なのかを見ていきます。

170112
0

お産を早めたかったら試してみたい方法とは?

出典:googirl.jp
お産を早めたかったら試してみたい方法とは?
カラダもしんどいし早く出て来て〜!そんなときに試してみる良い方法をまとめました。

予定日より早く産むメリットはあるの?

出典:putri-arsip.cocolog-nifty.com
予定日よりも赤ちゃんを早く産む『絶対的な』メリットはありません。人によってはメリットと感じられることがあるので、いくつか挙げておきます。
・夫の立会出産の日程のため
・夫の出張などのため
・3-4月の予定日だと、赤ちゃんを早生まれで上の学年に入れてあげたい
・大きな子だと育ちすぎる前に産んだ方が母体への負担が少ない

引用元:karadanote.jp(引用元へはこちらから)

運動で予定日より早く産まれる可能性がある!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

予定日よりも確実に早く産む方法はありませんが、一般的には運動をすると予定日よりも早く産まれることが多いようです。
際に受ける刺激が、痛みとなって母親に伝わっているというわけです。

引用元:karadanote.jp(引用元へはこちらから)
特に、臨月に入ってからの運動は効果的で、人によっては予定日よりも1週間程度早い出産になったなどの体験談もあります。ウォーキングなどの一般的な運動でもOKですが、掃除などの家事を昔の人のように行う(掃除機などを使わない)といった方法も紹介されています。その他、階段の上り下りを積極的に行って出産を早める方法もあります。

引用元:karadanote.jp(引用元へはこちらから)

効果があると言われる方法

とにかく歩く!!

出典:onayami.okadasinkyuuin.com
とにかく動く、歩く
体調が良ければ1時間くらいは散歩などを
しましょう。と母子手帳や、母親学級の資料
などにもありますが、妊娠中の体重増加を
抑えるためや、出産に必要な体力、筋力を
蓄えるためにも、しっかり歩くことは
効果的です。
引用元:xn--n8jub4bvbx433bg1ree1b.com(引用元へはこちらから)
お産に必要なのは、気長に陣痛と付き合い生まれ出るそのときを待つ、持久力。瞬発力ではありません。育児もそう。親に必要なのは、子どものペースに合わせてじっくり見守る持久力です。

引用元:www.premama.jp(引用元へはこちらから)

階段の上り下り

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:www.linkweb.or.jp
階段の上り下り
階段の昇り降りも陣痛促進にいいと言われています。やはり立って適度な運動、というのは陣痛の促す効果があるのではないでしょうか!?

引用元:mamari.jp(引用元へはこちらから)
いわいる昇降運動です。階段を上ったり下りたりするわけではなく、踏み台昇降でOKだと思います。

引用元:imairo.net(引用元へはこちらから)
階段は昇るより下りる、が大事。(下りる際のある程度の振動が効果的だそうです。)

引用元:tekuteku-takiko.seesaa.net(引用元へはこちらから)

スクワット

出典:livedoor.blogimg.jp
スクワット
スクワットは臨月はいってから毎日やってましたが、産後とても回復早いし出産で息む際は体力いるのでやっといて損はないです!!

引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

自然にスクワットや大またを広げるなどいい体操になります。 15分はがんばってみましょう。結構効果的ですよ。

引用元:mimirin.chu.jp(引用元へはこちらから)

床の雑巾がけ

出典:babys.jp
床の雑巾がけ
後方重心姿勢になっている妊婦は背骨や腰部に圧力がかかっているので、それを緩和するために四つん這いの体勢がいいとか。

引用元:mamari.jp(引用元へはこちらから)
四つんばいの体勢が良いと本で読んだので私は毎日必死で雑巾がけをしていました。

引用元:okwave.jp(引用元へはこちらから)
雑巾がけ、布団の上げ下げ、などは1週間やってお腹が下がってきた気がします。

引用元:mamari.jp(引用元へはこちらから)

おっぱいマッサージ

妊娠37週を過ぎれば、1日1~2回の乳頭のお手入れをスタートさせましょう。マッサージを続けることで、乳頭の皮膚も丈夫になるため、乳頭亀裂などのトラブルを防ぐこともできます。また、ママ自身が母乳育児を強く意識するよいチャンスにもなるでしょう。

引用元:baby.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ

まとめ作者