2016年07月06日更新
不妊 漢方薬 不妊治療

妊娠しやすいカラダを作る!不妊に効果のあるおすすめ漢方薬

「自然治癒力を高め、体質改善によって病気を治す」という考え方に基づく漢方は、副作用が少ない体に優しい薬です。ただ、漢方薬には難しい名前の薬が多く、どんな効果があるのかわかりづらいという声もよく聞かれます。今回は、妊活中の方におすすめの、不妊に効く「漢方薬」についてまとめました。

2696
0

不妊治療と漢方薬について

画像を拡大

不妊治療と漢方薬について

出典:www.apis.rash.jp

女性の社会進出が進み、近年晩婚化が進み高齢出産をする夫婦が増えてきてました。
年を重ねれば重ねるほど不妊症となってしまう可能性が上がっていきます。不妊治療の助成があるとはいえ、出来る限り自然に近い状態で妊娠したいと考える人が多いまずです。そこで不妊に効く漢方について紹介します。

そもそも漢方とは?

漢方とは、中国伝統医学が室町時代から江戸時代前期にかけて医学的理論が確立した治療方法で、病気になった所を治すという西洋医学の考えとは異なり、個人の体質に合わせて体全体を調整し、悪い所を治していくという考え方をします。同じ病気でも、体質や体型、抵抗力、自覚症状が人によって異なるためです。

漢方薬は医師が腹診、脈診、舌診などで体力の強弱や体質などを判断し、植物(草根木皮)や動物、鉱物など自然界に存在するもので作られた「生薬」を2種類以上組み合わせて処方します。現在は、生薬を煎じて服用することは少なくなり、主にエキス顆粒が用いられ、市販薬として薬局でも購入することができます。
引用元:192abc.com(引用元へはこちらから)

漢方薬のメリットとデメリット

漢方薬は、まだ病気が確定していない「未病」の状態に対して強い有効性を持っています。これは、漢方医学の本質が健康的なライフスタイルを創造するところにあり、少しずつ体質を改善していくからです。

しかし、手術可能な病気や細菌感染などに対しては、西洋医学の方が圧倒的に優れています。また、そういった病気でも終末期まで進行した場合には漢方医学の良いところが生きてきます。

このように、漢方と西洋医学(現代医学)にはそれぞれに得意・不得意とする分野があるので、自分に適した治療法を医師や薬剤師に相談するとよいでしょう。
引用元:www.kantankanpo.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

なぜ漢方は不妊治療にいい?

不妊の原因は病気などはっきりしている場合も多々あります。
ですが、夫婦ともに健康で特に問題が見当たらないまま治療が進むことも少なくありません。

漢方の考え方

東洋医学では人間が持つ本来の生命力や自己修復能力を高めることをメインに考えています。
漢方も同じで、不妊治療などで使われるお薬は健康のバランスを整える効果があります。
妊娠しやすい体質に徐々に変えていくことが目的なんですね。
引用元:baby-happiness.com(引用元へはこちらから)

体質改善は有効な手段

たとえば、漢方のお得意技といえば冷えや血流、ホルモンのバランスを改善です。
体の内側から改善していき、妊娠しやすい体作りを目指すことができるのです。
なぜ妊娠できないのか…その原因が曖昧な場合はこうした地道な体質改善はとても有効な手段といえるでしょう。
引用元:baby-happiness.com(引用元へはこちらから)

妊娠してからも効果がある

さらにその結果、妊娠した場合も漢方によって土台が整っていることが大きなメリットとなります。
万全な母体で胎児を育てることができるので、元気な赤ちゃんを産むことができるんですね。
不妊治療に漢方が良いと言われる理由はそういうこともあるようです。


引用元:baby-happiness.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者