2021年11月24日更新
おもちゃ 知育 玩具

【共感を生む“ピープル流】“おもちゃメーカー” ピープル株式会社の商品開発ランディングページ公開

「いい育児の日」である11月19日に、幼児向け玩具などを開発しているピープル株式会社から、「“共感を生む”ピープルの商品開発」ランディングページが公開されました。

67
0
「いい育児の日」である11月19日に、幼児向け玩具などを開発しているピープル株式会社から、「“共感を生む”ピープルの商品開発」ランディングページが公開されました。

「“共感を生む”ピープルの商品開発」ランディングページ公開

子供が成長するにあたって、「おもちゃ」の存在はとても大きいものですが、私たちはどのような商品に「共感」するのでしょうか?
「いい育児の日」である11月19日に、幼児向け玩具などを開発しているピープル株式会社から、「“共感を生む”ピープルの商品開発」ランディングページが公開されました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピープルは、「お子様のリアルな興味」と「ママ・パパの気持ち」の細かい観察により、それぞれのシーンに合わせたアイテムを開発し、「子育て生活者」を支えてきた会社です。
この度公開されたランディングページには、ピープルならではの“共感性の高い商品開発の特徴” や “携わるスタッフの思い”などがまとめられており、「“共感を生む”ピープルの商品開発」ランディングページになっています。
さらに、「毎日お世話する人だからこそ気づく、目覚ましい変化に注目」と言うことで、生まれてから二歳頃までのお子様の様子や、両親のお気持ちの変化、それに合わせた対象商品がまとめられた“ピープル流”「子供の発達カレンダー」も同日に公開されました。
子育て生活者が“より良い子育て体験”を楽しく過すための情報が満載のサイトになっています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「もっと笑顔で」商品開発への思い

ただ商品の「モノ」として向き合っているのではなく、子供のしたいことや遊ぶ子供の笑顔を増やせる方法、また、親が「より良い子育て経験」を得られて、子育て生活に笑顔と幸せが増やせるように、など数々の思いが込められています。
今回公開されたランディングページでは、ピープルスタッフのそれぞれの思いも記載されており、それぞれが子供と親の両方の気持ちを汲み取り、商品開発につなげていることがわかります。

時代に合わせて進化するロングセラー

誰もが一度は遊んだことがあるようなロングセラー商品「やりたい放題」も、時代の変化に応じて変化がなされているのをご存知ですか?

1985年から現在にかけて、時代に合わせて携帯電話の形が変わっていったり、リモコンが追加されたり、「赤ちゃんのやりたいこと」を満たせる商品となるよう、数々の進化を通して、今もなお大人気商品としてその名を馳せています。

子供の年齢に伴う変化だけでなく、取り巻く環境や時代の変化にも着目して少しずつ変化を重ねていくことで、長年子供たちやその親に最も愛され続けてきたのだと思います。

コンテンツ概要

スポンサーリンク

スポンサーリンク

・公開日:

2021年11月19日(金)~

・公開場所:

ピープル公式Webサイト(PC・スマートフォン版)

・内容:

①ピープル商品の特徴 
②商品開発への思い 
③子どもの成長・発達に合わせた商品作り (子どもの発達カレンダー) 
④子育て生活者の変化に合わせて(1985年発売のロングセラ―人気商品「やりたい放題」の商品変遷)
⑤ピープルスタッフの思い

「“ピープル流”」子育てをもっと幸せにするためのお手伝い

「モノ」ではなく、そのおもちゃを使うお子様や、そのパパ・ママと向き合って創られたピープルの商品の数々は、それぞれに強い思いやぬくもりが感じらると思います。
普段子供が使うおもちゃに、「どんな意図や気持ちが込められていたのか」や、「なぜこのような進化をしたのか?」を考えることは、これからのおもちゃ選びのヒントにもなりそうですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者