2024年03月22日更新
家事 洗濯 ズボン

ズボンの上手な洗い方とアイロンいらずな干し方

洗濯してしわしわになったズボンやパンツをみると、少し嫌になることもありますよね。そこで今回は、大切なズボンやパンツの上手な洗い方とアイロンいらずな干し方をご紹介します。

2200
0

洗濯する前に確認すること

1. 絵表示の確認

洗う前に必ず取り扱い絵表示を見て、家庭で洗えるかどうかを確認しましょう。
引用元:lidea.today(引用元へはこちらから)
「洗濯機マーク」や「手洗いマーク」の場合は、家庭で洗える

引用元:lidea.today(引用元へはこちらから)
「水洗い不可」と「ドライマーク」が併記してある場合は、家では洗えません。クリーニング店に依頼しましょう。
引用元:lidea.today(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2. 適切な洗剤を選ぶ

取り扱い絵表示だけでなく、その裏の注意書きも確認して、適切な洗剤を選びます。
引用元:lidea.today(引用元へはこちらから)
大切な衣類を洗う場合は、「中性」の表示がなくても、色あせや型くずれを防ぐおしゃれ着用洗剤(アクロン)がおすすめです。
引用元:lidea.today(引用元へはこちらから)

3. 洗濯ネットに入れる

ズボンの洗濯後のシワを抑えたい場合は、洗濯機に入れる前にちょっと工夫するのがおすすめ。
まず、仕上がりの状態を考えて、きれいに畳んでネットに入れます。センタープレスのあるパンツなどは、その線の通り畳むのがポイント。
引用元:tg-uchi.jp(引用元へはこちらから)
洗濯機に「ソフト」や「手洗い」などのコースはある場合は、そちらのコースを使い、脱水時間は極力少く設定してください。
引用元:tg-uchi.jp(引用元へはこちらから)

しわになりにくい干し方

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ズボンを履いている状態と同じように干すのがポイントです。

まず、角形ハンガーで、ウエストの前身頃に2か所、後ろ身頃に2か所、計4か所を挟みます。次に、丁寧にシワを伸ばし、裾部分を広げます。そうすると足が通っているように中が空洞になり、風がよく通るようになります。乾燥するのも早く、美しい形に仕上がりますよ!
引用元:tg-uchi.jp(引用元へはこちらから)

注意が必要なズボンも

センタープレスのあるパンツは、干し方に少しだけ工夫が必要です。

まず、干す前に全体的にシワをのばします。次に、プレスされた線の通りに、ウエストの前後部分を挟み、干します。前部分はファスナーやボタンをしない方が自然な形になります。

最後に、センタープレス部分を丁寧に指を使って手アイロンをします。濡れている状態だと、比較的キレイに線が付きます。裾のダブル部分も同様です。
引用元:tg-uchi.jp(引用元へはこちらから)

おわりに

いかがでしたか?少しの工夫で変わりますよ!ぜひ参考にしてみてください

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者