殺菌ランプ 産業シェア 、規模、レポート - 2024-2036年の世界予測

感染症が世界の人口に脅威を与え続けていることが観察されています。 2023 年の時点で、世界中で院内感染 (HAI) は年間 2.2百万人以上の患者に影響を与えており、320 億米ドルを超える重大な経済的負担につながっています。効果的な滅菌方法の必要性は明らかであり、殺菌灯の需要が増加しています。

14
0

殺菌灯市場セグメンテーション

当社は、殺菌灯市場に関連するさまざまなセグメントにおける需要と機会を説明する調査を実施しました。テクノロジー、エンドユーザー 、アプリケーションごとに市場を分割しました。殺菌灯市場は、テクノロジーに基づいて、UV-A、UV-B、UV-Cにさらに分類されています。 これらのうち、UV-C サブセグメントは、予測期間中に最大の市場シェア約 40% を保持すると予想されます。このサブセグメントの成長は、効率的で環境的に持続可能な消毒方法に対する需要の高まりによって促進されると予想されます。

殺菌灯市場の動向分析と将来予測:地域概要

殺菌灯市場分析によると、アジア太平洋地域は、予測期間中に総市場収益の約25%の市場シェアを保持するはずです。市場の成長は主に、特にこの地域の人口密集地域における健康と安全対策への注目の高まりによるものです。殺菌灯はさまざまな分野で使用されていますが、研究室、公共スペース、病院での滅菌に多用されています。中国では、この市場は主に、従来の消毒方法と比較した殺菌ランプ市場灯の有効性に対する認識の高まりによって牽引されています。

下記のリンクから詳細情報をご覧いただけます:

殺菌灯 調査の場所

北米(米国およびカナダ)、ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)、ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダおよびルクセンブルグ、NORDIC(フィンランド、スウェーデン、ノルウェー) 、デンマーク)、アイルランド、スイス、オーストリア、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、ポーランド。

原資料: SDKI Inc 公式サイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者