2024年04月06日更新
カバン お出かけ バッグ

使い勝手抜群のおすすめトートバッグ

さまざまなシーンで活躍するトートバッグ。日常的に使う機会が多いトートバッグは、お気に入りのものを持っていない方に参考になるトートバッグをご紹介いたします!

1182
1

使い勝手がよく人気が高いトートバッグ

お仕事から休日のお出掛け、旅行まで。様々なシーンはもちろん、老若男女問わず最も使えるバッグといえば、トートバッグ。 今回はおすすめのトートバッグをまとめてみました。

トートバッグの選び方

1. 素材

出典:vivre-media.jp/18
トートバッグの印象は、素材で決まるといっても過言ではない。カジュアルな印象で持ちたいなら、キャンバス素材(綿や麻などで作られた平織りの厚手生地)やラフィア素材がおすすめ。また、軽くて丈夫で水にも強いナイロンやポリエステル素材も、スポーティな雰囲気でカジュアルシーンに最適。

ビジネスシーンで持つなら、カーフスキンやスエードといったレザー素材で上質な雰囲気に。 Tシャツ&デニムといったカジュアルな着こなしを格上げする小物としても活躍すること間違いなし。

また、ショッピングに使うエコバッグや旅行のサブバッグに最適なのが、薄手のコットン素材。軽くて洗濯機で丸洗いできるのもポイント。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2.サイズ

収納する荷物の量によって、最適なサイズを選びたい。A4の資料やパソコンを入れる場合は、幅30㎝くらいのサイズ感がぴったり。

スマホや財布など貴重品だけを持ち歩きたい場合は、幅20㎝以下のミニサイズをセレクトするのも今っぽい印象に。ショルダーストラップ付ならハンズフリーも叶う。

また、旅行や機内持ち込みバッグとして使いたいなら、幅30㎝以上のビッグサイズがおすすめ。間口が広く出し入れもしやすいので、ポーチや日用品などたっぷり収納可能。

ESTRELa SPORTS(エストレーラスポーツ)

機能性、素材、ファッション性を追求したトートバッグ。
シンプルなデザインを追求しイメージカラーとして Neoprene/Black(ネオプレーン/ブラック)を使用。
トートバッグはネオプレーン素材に特化して作られた作品。

バッグ作りに当たり、「素材」「デザイン」「軽量化」「汚れ解消」
「クッション性」「伸縮性」「耐久性」「機能性」「実用性」の 9 項目を重視したアイテム。

バッグの特徴は外側ポケットがありバッグを開け閉めせず、スマートフォンや鍵の取り出しができ、
内側にポケットが多数あり用途に応じた収納が可能。
また、軽量で持ち手がラバー生地の為、長時間の使用も疲れにくい仕様となっており、ストレスフリーを実現。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

JIL SANDER(ジルサンダー)

ジル・サンダー(Jil Sander)は、ドイツ出身のファッションデザイナーであり、また本人が立ち上げた世界的ファッションブランドである。 「ジル・サンダー」のブランドコンセプトは"Design Without Decoration(装飾なきデザイン)"。 内面の豊かさや美しさを表現するには、装飾のないシンプルさや品格が必要であるとされている。世界各国にブティックを展開し、名門ブランドとして80年代末よりミラノ・コレクションを牽引し続けている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Stella McCartney(ステラ マッカートニー)

ミニマルなデザインで時代に左右されない魅力を持つ、スクエアトートバッグ。動物性レザーに代わるしなやかなヴィーガン素材を使用しています。フロントにパンチング加工の円型ロゴ入り。必需品の収納に便利なポーチを備え、こちらは取り外し可能です。

MARNI(マルニ)

「Puff」チェックプリントのナイロンNorth/South パフィートートバッグ。マッチングハンドル。内ポケット。
フロントにマルニパッチ。イタリア製。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Bottega Veneta(ボッテガ ヴェネタ)

ひと目で『ボッテガヴェネタ』とわかるものの、いやらしさは一切なく、逆に優雅さを感じる意匠。まさにブランドの哲学を色濃く反映させたデザインだといえるでしょう。

ブランドアイテムは表面にロゴが施されているモノがほとんどですが、『ボッテガヴェネタ』の財布にはそれがありません。これはブランド独自の哲学によるもの。ブランドを主張するロゴは不要で、持ち主のイニシャルさえあればいいという考えのもと、ロゴを入れていないのです。もちろんアイコニックな「イントレチャート」で『ボッテガヴェネタ』だとひと目でわかるものの、あからさまなロゴはない。これこそ、目の肥えた大人に支持されている理由の1つなのです。

トートバッグ着用コーデまとめ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:matome.naver.jp/odai/2142129569418580201/2142129851920178403
出典:chelseagardensuk.blog.fc2.com/blog-entry-42.html

まとめ

お気に入りのトートバッグは見つかりましたか?
ファッションの秋はお気に入りのバッグを持ってお洒落を楽しみましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者