ハワイ発祥の「ホノルルコーヒー」が原宿に再上陸! 2024年秋、日本30店舗展開へ

ハワイで人気のコーヒー専門店「ホノルルコーヒー」が、2024年秋に原宿に1号店をオープンし、日本での展開を本格化する。2022年に全店閉店していたが、再び日本に上陸する。原宿店を皮切りに、今後30店舗の展開を目指している。

8
0

ハワイ発祥の「ホノルルコーヒー」が原宿に再上陸! 2024年秋、日本30店舗展開へ

ハワイ生まれのコーヒー専門店「ホノルルコーヒー」が、2024年秋に原宿に1号店をオープンし、日本での展開を本格化させることが明らかになりました。

「ホノルルコーヒー」は、1992年にハワイのダウンタウンに小さなキオスクとして誕生しました。ハワイ産の最高品質のコーヒー豆を使用し、こだわりの製法で丁寧に仕上げたコーヒーを提供することで、地元の人々から愛されてきました。

日本でも、2000年代初頭に上陸し、人気を博しました。しかし、2022年には残念ながら全店が閉店しました。

今回の原宿への再上陸は、日本でのコーヒー文化の進化や、ハワイアンカルチャーへの関心の高まりを受け、再び日本のお客様に「ホノルルコーヒー」のコーヒーを楽しんでいただきたいという思いから実現しました。

原宿店は、ホノルルコーヒーのブランドイメージを体現した、明るく開放的な空間になる予定です。ハワイの雰囲気を感じられる店内で、こだわりのコーヒーやフードを楽しむことができます。

ホノルルコーヒージャパンは、原宿店を皮切りに、今後30店舗の展開を目指しています。日本各地で、ハワイのコーヒー文化を体験できる機会が増えることが期待されています。
「ホノルルコーヒー」が日本に再上陸するのは、コーヒー好きにとっては朗報です。ハワイの雰囲気を感じながら、こだわりのコーヒーを味わえるのは魅力的です。原宿という立地も、若者や観光客にとってアクセスしやすいので、多くの人が訪れるでしょう。

全店閉店から2年、再び日本に帰ってきてくれた「ホノルルコーヒー」。今後の展開が楽しみです。日本各地に店舗が増え、さらに多くの人にハワイのコーヒー文化に触れてもらえることを期待しています。

個人的には、コーヒー豆のラインナップや、フードメニューにも注目しています。ハワイの伝統的なフードや、日本オリジナルのメニューなど、どんなものが提供されるのか楽しみです。また、店舗デザインも、ハワイの雰囲気をどのように表現しているのか、期待が高まります。

「ホノルルコーヒー」の再上陸は、日本におけるコーヒー文化の更なる発展に繋がるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者