2022年03月17日更新
アウトドア キャンプ シュラフ

デカトロン ケシュア シュラフ♡寝袋 ARPENAZ 0℃  購入レポ&口コミ・レビュー

「デカトロン(Decathlon)」とは、フランス発、アウトドア・スポーツ用品店です。今回は、アウトドアキャンプや登山で必需品のシュラフ・寝袋をご紹介します。「QUECHUA (ケシュア) キャンプ・シュラフ・寝袋 コットン ARPENAZ 0℃」は封筒型で、布団で寝ている感覚に近いシュラフです。

721
0
「デカトロン(Decathlon)」とは、フランス発、アウトドア・スポーツ用品店です。
今回は、アウトドアキャンプや登山で必需品のシュラフ・寝袋をご紹介します。

QUECHUA (ケシュア) キャンプ・シュラフ・寝袋 綿 コットン ARPENAZ 0℃

出典:www.decathlon.co.jp
「QUECHUA (ケシュア) キャンプ・シュラフ・寝袋 コットン ARPENAZ 0℃」は
封筒型シュラフで、
布団で寝ている感覚に近いです。


【快適温度】0℃
【限界温度】-5°C
【重量】2,908g
【容量】23L
【カラー】チョコレートトリュフ
【素材】インナー生地: 綿100%
    中綿:ポリエステル100%


収納バッグ付き。
洗濯機で洗えます。
出典:mama.jocee.jp
収納時の大きさ
高さ約30cm
直径約20cm

封筒型シュラフは、
収納時サイズが大きくなってしまう点がデメリットです。
出典:mama.jocee.jp
封筒型シュラフは、
布団に近い分
マミー型シュラフに比べて
肩まわりや首まわりが空いてしまいます。
出典:mama.jocee.jp
インナー生地は、
コットン100%で肌触りが良いです。

シャカシャカする音もないため、
家の布団としても使いやすそうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:mama.jocee.jp
ファスナーは、内側からも外側からも
簡単に開閉することができます。
出典:mama.jocee.jp
フード部分なしの状態で

サイズ約200㎝×80cm
出典:mama.jocee.jp
フード部分は襟巻の様にして首に巻けます。

首回りの寒さを防ぐことができ、便利です。
出典:mama.jocee.jp
フード部分にタオルなどを入れると、
通常の枕として使えます。
出典:mama.jocee.jp
ファスナーを開放すれば、
掛け布団や敷き布団になります。

同型のシュラフをファスナーでつなぎ合わせれば、
2人で横になれる大きなシュラフにもなります。
出典:mama.jocee.jp
ファスナーを開放すれば、布団に近いため、
寝返りも楽にできます。

そのため、
封筒型シュラフは
小さなお子さんがいるファミリーに人気があります。
出典:mama.jocee.jp
公式サイトに

「元の袋に収納するのはキツキツでかなり苦労しました」
「袋の径が小さすぎ、袋に入らなかった」
「収納袋に入れるのは大変です。とても力がいります」
と口コミがあったため、
いろいろ試した結果、

収納時は「シュラフを紐できつく縛る」に、いきつきました。


出典:mama.jocee.jp
収納袋がキツキツでシュラフを詰め込むのに
非常に苦労します。

シュラフを
二つ折りにして
頭側、または足側からおもいっきり
空気を抜きながら潰すようにして巻き込みます。

巻き終わりは、
紐、またはベルトできつく縛ります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:mama.jocee.jp
収納袋に押し込みます。

メリット・デメリット

メリット

・コットン素材で肌触りが良い。
・ファスナーをあけると、敷き布団&掛け布団として使える。
・キャンプだけでなく、家の中でも掛布団として使える。
・親子で一緒にシュラフに入って眠れる。

デメリット

・収納時が大きい。
・収納袋にシュラフを入れづらい。
・子供だけで使うにはサイズが大きすぎる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

口コミ・レビュー

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者