2021年03月19日更新
絵本 読み聞かせ 男の子

3・4歳男の子ママ必見!おすすめ絵本をご紹介☆

我が家に最近仲間入りした、楽しく読める、尚且つ、大人も楽しい絵本を紹介します。 絵本って沢山あってなかなか選べない方、ぜひ参考にしてみてください。

75
0

おすすめの絵本 3選!!

本屋さんに行くと、沢山の絵本が並ばられ、どれがいいのか探すのが面倒だったりしますよね。
しかも一冊、1000円近くするので、変な絵本を買って失敗したくない!ていう方に参考になるかと思います。
今回は、男の子ママへおすすめの絵本をご紹介します。

1、おさるのまいにち (おさるシリーズ)

出典:mama.jocee.jp
講談社 いとうひろし・作
1100円(+税)
この絵本は、昔からある絵本でシリーズ化しているものです。
その中で、1番ベーシックな「おさるのまいにち」を紹介。
とにかく、のんびり!
字も少なめで、どんどんページをめくれるので、小さなお子さんも意外と楽しめます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

あと、何よりこの絵本の特徴は、
全てのページに色がついてるのではなく、所々色つけがされていません!
なので、お子様が好きな色に塗ってオリジナルな絵本が作れちゃうんです。
なんか、粋ですよね♪
この「おさるのまいにち」シリーズで、個人的におすすめしたいのは、
出典:mama.jocee.jp
講談社 いとうひろし・作
1100円(+税)
このお話は、少し困ったことになった主人公のお猿が、おじいちゃんから聞いたお話聞くというあらすじです。
中身の構成は、「おさるのまいにち」とほとんど変わらずですが、大人が読んでも、深い意味を感じる 内容になっています。
全てひらがなでの表記なので、少し大きくなって平仮名が読めるようになったら、
お子さん自身で読むこともできるので、兄弟感で読み聞かせなんてこともできるかもしれません。
もちろん、この絵本は女の子にもおすすめです。
是非チェックして見て下さい!!

すごい虫ずかん。ぞうきばやしを のぞいたら

出典:mama.jocee.jp
作 じゅえき太郎 監修 須田 研司
定価: 1,430円(本体1,300円+税)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

タイトルを見ただけで、お分かりの通り、虫に興味があるお子さんにおすすめです。
この絵本の特徴は、ちょっとした豆知識が載っているので、ミニ図鑑になっているのと、大型の絵本のため、見やすいです。

虫の絵はリアルすぎないいので、図鑑で見るのはちょっと嫌だ・・なんてお母さんにはいいかもしれません。
特徴をよく描かれていますので、お子さんも物足りなさは感じないはず。
この絵本は比較的新しい絵本ですが、続編も出ています。
出典:mama.jocee.jp
作 じゅえき太郎 監修 須田 研司
定価: 1,430円(本体1,300円+税)
絵本の中に、一作目の絵本のイラストも描かれていて、ちょっとした遊び心も。
裏表紙には、虫のスケッチが載っていて、参考になりそうでしたよ♪
今年の夏に、また新作が出ないかなーと思っている絵本の一つです。

虫取りに行く予定がある方や、お子様が虫好きな方には是非読んで頂きたい一冊になっています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ティラノサウルスのはらぺこな一日

出典:mama.jocee.jp
竹下文子 (著), 鈴木まもる (イラスト)
1320円(税込)
これは、昨年発売された絵本です。
恐竜好きなお子様におすすめな一冊です。
誰もが知っている、ティラノサウルスの1日の様子を色んな恐竜を交えて、描かれている絵本です。
この絵本の特徴は、絵のタッチです。
恐竜の絵本というと、もう少し強いタッチの絵や、派手な色のものが多いと思うのですが、
この絵本は、とても優しいタッチで描かれているので、怖がりな子でも読む事ができます。
僕は、肉食よりも草食恐竜が好きっていう子には、
同じシリーズのこちらの絵本もおすすめです。
出典:mama.jocee.jp
竹下文子 (著), 鈴木まもる (イラスト)
1320円(税込)
同シリーズのトリケラトプスの絵本です。

寝る前などに一冊!なんて時にいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者