2021年03月10日更新
女性 漢方 生理

女性の方必見!! 生理痛に効果がある3つの漢方薬

他人にはなかなか理解されない女性の悩みの一つである、生理痛。 痛みや辛さは人それぞれのため、同じ女性であってもなかなか理解されないことが多いですよね。 そんなあなたの強い味方になってくれるかもしれない、婦人科3大漢方薬をご紹介いたします。 ご参考にしてみてください。

148
0
女性なら一度は経験したことがある生理痛。痛みには個人差がありますが、痛みの他にもイライラする、便秘になる、肌荒れがひどいなど様々。
痛みには痛み止めを内服すれば、大体は回復しますが、毎回痛み止めを飲むのはどうなんだろう?と考えてるあなた。
そんなあなたにぴったりの漢方薬を3つ、ご紹介いたします。
漢方薬は現在処方箋がなくても、ドラックストアでも購入できますので、まずは一度自分で試してみるのはいかがでしょうか?
出典:mama.jocee.jp

当帰芍薬散


包装:20包(10日分)(1日2回内服)
希望小売価格:2,400円(本体価格)+消費税
包装:48包(24日分)
希望小売価格:4,300円(本体価格)+消費税
手足の冷えや体が浮腫みやすい方の月経不順・月経痛に。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

月経痛や月経不順にも効果があるこの漢方薬は、特にお腹や腰を温めると症状が和らぐ女性に向いてます。
冷え自体は月経痛を増強させ流ため、体を温めて痛みを和らげてくれます。また妊婦さんにも使える漢方のため、妊娠中のマイナートラブル(目眩・浮腫・頭痛・貧血)にも効果があります。
出典:mama.jocee.jp

加味逍遙散


包装:20包(10日分)(1日2回内服)
希望小売価格:2,400円(本体価格)+消費税
包装:48包(24日分)
希望小売価格:4,300円(本体価格)+消費税
体は冷えているけど、胸から上は熱い『冷えのぼせ型』で、イライラ症状がある方や生理前の排卵痛がある方に。
「逍遥」は中国語で「ゆっくりする」という意味。
生理前の排卵痛やイライラ、肩こりがある方に効果があります。また、この漢方薬は更年期障害にも広く使われる漢方薬で、軽度な便秘持ちで、日々忙しく過ごしイライラしている方にも使われます。心を落ち着かせる効果があるため、考え事や悩みがあって、寝付けない方に寝付き薬として処方されることもあります。
出典:mama.jocee.jp

桂枝茯苓丸


包装:20包(10日分)(1日2回内服)
希望小売価格:2,400円(本体価格)+消費税
包装:48包(24日分)
希望小売価格:4,300円(本体価格)+消費税
妊婦さんには投与注意。月経痛が1・2日目に激しい方に。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

月経痛が1日目から2日目にかけて激しく痛む人や、血痕が混じる人、または子宮内膜症や筋腫などの婦人科疾患に伴う頭痛や肩こり、腰痛(慢性化しているもの)などにも効果あり。更年期障害での「冷えのぼせ型」で目眩がある人にも処方されることがあります。
主に婦人科で代表される漢方薬を紹介しました。市販薬でも購入できる漢方薬ですので、一度お試しになってみてはいかがでしょうか?
ただし、漢方薬は人によって効果が出るお薬の量や飲み方は違います。個人差が大きいお薬なのです。
市販薬で購入できる漢方薬は、病院で処方さえる漢方薬よりも量が少なく、飲める回数も限られています。また、市販薬は自己負担になるため、処方薬よりも価格も高めです。
市販の漢方薬を飲んで効果がなかった場合も、病院で処方された漢方薬を内服したら改善する事は多々あります。症状が辛くて悩んでる方は、一度婦人科に受診してみることをお勧めします。
とは言っても、このコロナ禍で受診するのも嫌な方や、仕事が忙しくなかなか受診する時間はない方には、とっても便利な市販薬です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ドラックストアには登録販売者も在中しておりますので、直接聞いてみるのもいいかもしれませんね。
さて、今回は婦人科でよく使われる生理痛に効果がある漢方薬のご紹介でした。
いかがでしたでしょうか。
漢方薬は飲みづらくて、なんとなく避けている方もいらっしゃるかもしれませんが、飲み方の工夫で問題なく飲めるようになる方もたくさんいらっしゃいますので、最後に漢方薬の飲み方をご紹介します。
1、オブラートに包む(正しい飲み方をしましょう。必ず飲む前にオブラートを数秒お水に浸して飲むのが正解です)
2、嚥下補助ゼリーを利用(自分の好きなジャムやピーナッツクリームもおすすめ)
3、ミルクココアに溶かして飲む(ココアパウダーに混ぜる)
4、りんごジュースで飲む(オレンジジュースは苦味増強にため注意)
ただし、漢方薬は味や匂いも効果があると言われています。
そのまま飲めるようなら、お水やお白湯で内服することをお勧めします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者