「この差って何ですか?」1日5000歩以上歩くと認知症予防に効果的!骨粗しょう症・高血圧・うつ病は?

10/2放送の「この差って何ですか?SP」では、「「ウォーキング」の歩数による健康効果の差」が紹介されました。1日5000歩以上歩くと、「認知症」の予防効果が期待できるそうです。歩き方は?骨粗しょう症・高血圧・うつ病は?

64
0

「この差って何ですか?」1日5000歩以上歩くと認知症予防に効果的!骨粗しょう症・高血圧・うつ病は?

10/2放送の「この差って何ですか?SP」では、「「ウォーキング」の歩数による健康効果の差」が紹介されました。1日5000歩以上歩くと、「認知症」の予防効果が期待できるそうです。歩き方は?骨粗しょう症・高血圧・うつ病は?

1日5000歩以上歩くと、「認知症」の予防効果が期待できる

〇なぜ5000歩以上歩くと「認知症」の予防に効果的なのか?
認知症の原因のひとつは、運動不足などにより血管が細くなり、全身の血流が悪くなることで脳に充分な血液が送られず、脳細胞が損傷してしまうこと。しかし、1日5000歩以上歩くと常に全身の血流が良い状態と言え、血管が広がり、血液がスムーズに流れるようになるため、脳に充分な血液が送り届けられるので「認知症」予防に効果的。

〇どれくらいの速さで歩くのがいい?
早歩きがおすすめ。だいたい時速6kmくらいが良いとされている。坂本九さんの「上を向いて歩こう」のリズムで歩くと、ちょうど良い速さになる。

〇「認知症」の予防により効果的な場所は、「街中を歩く」「緑道を歩く」どっち!?
「認知症」の予防には「街中を歩く」方が良い。「街中を歩く」と、「信号だ!」「新しいお店ができた!」など、様々なたくさんの情報が目に入ってくる。情報量が多い場所を歩くと自然と考える機会も増えるので、脳細胞が活性化され、「認知症」の予防に非常に効果的。
毎回歩くコースを変えるのもより効果的な歩き方。いつもと違う道を通ることで、「どうやって帰ろうか?」「こっちの道には何があるか?」など、考えながら歩くことが「認知症」の予防に効果的になる。
引用元:www.tbs.co.jp(引用元へはこちらから)

骨粗しょう症・高血圧・うつ病の予防には?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1日5000歩以上歩くと、「認知症」の予防効果が期待できる
1日7000歩以上歩くと、「骨粗しょう症」の予防効果が期待できる
1日8000歩以上歩くと、「高血圧」の予防効果が期待できる
1日4000歩以上外でと、「うつ病」の予防効果が期待できる
「認知症」予防には、「街中を歩く」のが良い。
「骨粗しょう症」予防には、「夕方に歩く」のが良い。
「高血圧予防」には、「タオルを首に巻いて歩く」のが良い。
「うつ病」予防には、「外で早歩きで歩く」のが良い。
引用元:www.tbs.co.jp(引用元へはこちらから)

ツイッターでの皆さんの反応を見てみましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者