10/2「名医とつながる!たけしの家庭の医学」食後の眠気は認知症のサイン!認知症予防に効果的な食べ方

10/2放送の「名医とつながる!たけしの家庭の医学」の「認知症を防ぐ科」で、新たにわかってきた「食後にあらわれる」認知症のサインとして、食後の眠気が挙げられました。食べ方の改善で認知症予防に効果があるそうですが、効果的な食べ方とは?

113
0

10/2「名医とつながる!たけしの家庭の医学」食後の眠気は認知症のサイン!認知症予防に効果的な食べ方

10/2放送の「名医とつながる!たけしの家庭の医学」の「認知症を防ぐ科」で、新たにわかってきた「食後にあらわれる」認知症のサインとして、食後の眠気が挙げられました。食べ方の改善で認知症予防に効果があるそうですが、効果的な食べ方とは?

記憶力や判断力が衰え、日常生活に大きな支障をきたす「認知症」。2025年には、65歳以上の人の5人に1人、なんと700万もの人が認知症になると言われている。そんな認知症発症を知らせるサインと言えば「人の名前を思い出せない」「何をするのか忘れる」「複数の事を同時にできない」などが代表的だが、実は全く新しい【認知症のサイン】が近年の研究で明らかになってきた。高齢者医療の名医、原田和昌先生(東京都健康長寿医療センター副院長)によれば、新たにわかってきた認知症のサインは「食後にあらわれる」という。
そこで今回は、認知症が心配という60代から70代の男女5名にご協力頂き、まずは彼らの脳年齢を検査。実年齢より脳年齢が若い方と、老けていた方の昼食後の様子をチェックし、【新たな認知症のサイン】とは何なのかを調べた。はたして認知症のリスクが高まることがわかる、その新たなサインとは…!?
引用元:www.asahi.co.jp(引用元へはこちらから)

食後の眠気は認知症のサイン!

簡易版脳年齢検査を実施。そして原田郁実さんらの脳年齢を発表し、昼食後の様子をチェックし新しい認知症のサインを調査する。脳年齢が若かった原田さんは食後に生協のカタログをチェックしスマホをつかって注文、その後のんびり過ごした。脳年齢が80代だった望月さんは食後はソファーでのんびり過ごし、眠っては起きるを繰り返した。また脳年齢80代だった中川さんも昼食後はお昼寝。原田先生は食後の強い眠気が認知症のサインだと話した。
引用元:kakaku.com(引用元へはこちらから)

食後低血圧が認知症のリスクに

スポンサーリンク

スポンサーリンク

食後に起きる強い眠気が認知症の新たなサイン。食後低血圧が起きている可能性がありこれが認知症のリスクになる。動脈硬化が進むと食後に血圧が大きく下がる。その時に強い眠気が起き認知症のリスクになることがわかってきた。脳年齢が若い原田さんは食後低血圧なし。脳年齢が80歳で眠気を感じていた望月さんらは食後低血圧だった。
引用元:kakaku.com(引用元へはこちらから)

認知症予防に効果的な食べ方とは?

日本の高齢者医療をリードする原田和昌先生が認知症の予防法を徹底解説。食後低血圧が認知症のリスクを高めることがわかってきた。アミロイドβが脳に溜まると認知症を発症、食後低血圧があるとアミロイドβが溜まりやすくなる。食後低血圧の人の食後は胃腸の血液増、脳の血液減。アミロイドβは十分な血流量なら蓄積しない。食後低血圧を防ぐ方法はよく噛んで食べる。

原田和昌先生は一口30回噛むと血圧のコントロールを助けるホルモンがでて食後低血圧の改善に有効だと話した。よく噛んで食べるとどれだけ食後低血圧が改善するか検証。
引用元:kakaku.com(引用元へはこちらから)

一口30回以上噛むことで食後低血圧の改善に

原田和昌先生が提案する食後低血圧の改善方法は3度の食事で一口30回以上噛む。食後低血圧で脳年齢が80代の望月義久さんが検証する。神奈川県郊外で家族3人で暮らす望月さんは物忘れがあった。検証は5日、3度の食事で一口30回以上噛む。加えてアミロイドβの量もチェック。望月さんの普段の咀嚼回数は7回。家族揃って挑戦し普段の4倍の時間がかかった。5日毎食一口30回以上を続け、食後の血圧をチェック。検証前は21低下したが12まで抑えられた。アミロイドβ量は約4分の1減少した。
引用元:kakaku.com(引用元へはこちらから)

ツイッターでの皆さんの反応を見てみましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者