トイレトレーニング、準備と実践のヒント

「いつから始めたらいいの?」「どう進めたらいいの?」 疑問の多いトイレトレーニング。 はじめどきから進め方までヒントを集めてみました!

3679
0

トイレトレーニングの準備と実践

「そろそろトイレトレーニング始めた方がいいのかな?」と思うものの、何から準備したらいいのかわからないママも多いと思います。
トイレトレーニングの始めどき、進め方、あると便利なグッズなど、親子で楽しくおむつはずれできるヒントを集めてみました!

トイレトレーニングの始めどき

出典:www.トイレトレーニング.jp
トイレトレーニングの始めどきには、いくつかのチェックポイントがあります。
子ども一人ひとりによって、始めるのに適した時期は違うもの。
お子さんの心と体に合わせてあげましょう!

体の発達はどう?

出典:www.shimajiro.co.jp
まず、立って歩けることが大切。
トイレトレーニングの最終目標は「自分で歩いてトイレに行くこと」です!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おしっこの間隔は空いてる?

出典:www.shimajiro.co.jp
膀胱の発達が十分であることも、トイレトレーニングには重要です。
おしっこの間隔や量を注意深く見てあげてくださいね。
ひとりでおしっこができるようになるには、外から見た発育だけでなく、トイレに行くまでおしっこをもらさずにためておける膀胱の大きさの発達と、「おしっこがしたい。出そうだけどトイレまでがまんしよう。トイレに来たから出そう」という一連の行動を脳でコントロールできて、膀胱に指令を出せるように成長している必要があります。
膀胱の大きさの成長は、おむつが濡れる間隔が長くなっていたり、1回のおしっこの量が増えているかどうかがサイン。
引用元:www.babytown.jp(引用元へはこちらから)
おしっこをためる機能が未発達だと、失敗しやすく回数も増えて大変。
引用元:www.shimajiro.co.jp(引用元へはこちらから)

自分の気持ちを言える?

出典:www.shimajiro.co.jp
「○○が欲しい」「○○したい」など、自分の気持ちを表現できることも重要です。
おしっこやうんちが出そう、という感覚を言葉やしぐさで表せれば、トイレトレーニングもスムーズに。

トイレトレーニングの準備

おまるや補助便座を準備する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:www.トイレトレーニング.jp
子どもがおしっこやうんちをするための場所を確保してあげましょう。
おまるにするか、補助便座にするか、悩むところですね。
おまると補助便座、どちらにしようか、迷う方が多いようですね。いずれを選ぶにしても、お子さんが座るのを嫌がらないものを選んでください。そのためには、お子さんに決めてもらう、というのも一つの手段だと思います。自分で選んだものでレッスンできるという喜びも生まれるでしょう。
引用元:www.トイレトレーニング.jp(引用元へはこちらから)
出典:baby.richell.co.jp
おまるにも補助便座にもなる2wayの商品も多く出ています。
成長や子どもの好みに合わせて切り替えられるのがうれしいですね!

おしっこやうんちとは何か教える

おむつ替えのときに「ちー(うんち)したね」など、ママが話しかけてあげることで、おしっこやうんちを認識していきます。
引用元:www.トイレトレーニング.jp(引用元へはこちらから)
お子さまは、オムツでおしっこをするのが当たり前。まずはトイレがどういう場所なのか、どうやって使うのかを伝えていきましょう。絵本や会話の中で、興味をもてるような声をかけてみて。
引用元:www.shimajiro.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

トイレトレーニングの実践

おしっこやうんちがしたくなったらどうするか教えてあげる

出典:www.トイレトレーニング.jp
おしっこやうんちがしたい!という自分の気持ちや感覚を伝える方法をまず教えてあげましょう。
お子さんに、オシッコがしたくなったら、どんな風に知らせたらいいのか教えて下さい。
「オシッコ」「チッチ」などの言葉をお子さんに教えます。
引用元:www.トイレトレーニング.jp(引用元へはこちらから)
お子さんのオシッコがしたいサインに気づいたら、お子さんに教えた言葉を口にしてみてください。
「オシッコがでそうなの? 教えてね」
「チッチしたいのかな?」
大人から声に出すことで、お子さんに、オシッコがしたくなったら言葉に表すという行動を伝えましょう。
引用元:www.トイレトレーニング.jp(引用元へはこちらから)

おまるや補助便座に座らせてみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者