2017年11月17日更新
クリスマス アニメ 映画

クリスマスに親子で観たいアニメ映画『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』

ハロウィンタウンの「カボチャ大王」ジャックは、偶然迷いこんだクリスマスタウンの楽しい光景に、すっかり魅せられてしまう。彼を思うサリーの心配をよそに、ジャックはハロウィン風クリスマス計画に没頭する・・・。ちょっと面白いアニメキャラ♪原題「The Nightmare Before Christmas」

2646
1

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス

隣の芝生のような感じかもしれないと思いました。やはり、ないものねだりなんでしょうかね。

でも、一生懸命真似てクリスマスを作る姿が面白く、その純粋さが感動を誘います。

丸顔の骸骨の王様ジャック(ハロウィンキャラ)たちが作るクリスマスを、お子さんと一緒に見るのもいい

かもと思います。

解説

クリスマスの国に憧れるハロウィンの王様ジャック、彼に密かに想いを寄せるツギハギ人形のサリー、彼らを取り巻くちょっと不気味でユニークな仲間たち……。美しい映像と音楽でつづられる究極のラブ・ファンタジーだ。同時上映の短編『ヴィンセント』『フランケンウィニー』もバートン・ワールドの原点とも言うべき傑作。
引用元:movies.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』(原題:The Nightmare Before Christmas)は、1993年公開のミュージカルアニメーション映画。原案・原作はティム・バートン。同タイトルの絵本や漫画も日本で出版されている。題名はアメリカでよく知られる詩『サンタクロースがきた』(ナイト・ビフォア・クリスマス)にちなむ。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ハリーハウゼンの流れを汲む従来の伝統的ストップモーション・アニメーション技法に加え、最新のデジタル映像技法を取り入れ製作されている。ファンタジー色とホラーティックな世界観がよくマッチングした異色の作風は、ティム・バートンらしい個性のあるキャラクターと共に、この映画の大きな魅力となっており、公開から時間が経ってからも根強いファンを獲得している。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)
ナイトメアー・ビフォア・クリスマスの原型はティム・バートンがディズニーのアニメーターとして働いていた頃に書いた詩である。 バートンはこの詩を書いた理由について、ドクター・スースの絵本『いじわるグリンチのクリスマス(原題:How the Grinch Stole Christmas!)』を正反対にしたストーリーを思いついたことがきっかけだったと語っている。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

あらすじ

「ハロウィン・タウン」の住人達は怖いことや、人を驚かせることが大好き。その日は丁度「ハロウィン」当日、住人達は大盛り上がり。だが、「ハロウィン・タウン」のパンプキン・キング、ジャック・スケリントンは、毎年毎年同じことの繰り返しでしかない単調な「ハロウィン」に虚しさを感じていた。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

そんな時、ジャックは森の奥で不思議な扉の付いた木を見つける。その一つを開いてみると、恐怖と悪夢に満ちた「ハロウィン・タウン」とは全く違う、陽気で明るい『クリスマス・タウン』の別世界が広がっていた。初めて見る美しい雪景色の中、色鮮やかな電飾で飾られた街全体が祝う「クリスマス」に心を奪われたジャックは、自分達の力で「クリスマス」を作り出そうと計画を立てる。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)
そんな中、ジャックに密かに想いを寄せるサリーは、何か悪いことが起きるのではないかという予感にとらわれていた。サリーの心配を他所に、「クリスマス」の準備は着々と進んでいく。だが、ジャックも住人達も本当の「クリスマス」というものが理解出来ずに、事態はどんどんおかしな方向へと転がって行く。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

登場キャラクター

ジャック・スケリントン(Jack Skellington)

本作の主人公。丸顔の骸骨のような男性。怖がらせることに天賦の才を持ち、ハロウィンタウンの住民たちには「パンプキン・キング(かぼちゃ畑の王)」と呼ばれている。冒頭の登場シーンから分かるように、その正体はかかしである。

陽気で紳士的な性格だが、子供っぽい一面もあり、毎年のハロウィンを同じことの繰り返しと不満に思っていた。サリーや(理解できていない)ハロウィンタウンの人々を巻き込んで、盛大なクリスマスを行おうと奔走する。しかしサンタクロースを拉致して入れ替わり、「人を驚かす」ための玩具を人間たちにばら撒いたため、ついに軍隊の大砲によって撃ち落とされてしまう。

それによって自分の失敗を認めて反省した後「まあ良いだろう!」と立ち直り、今度は事態収拾のためにブギーと対決しサンタクロースを救出して謝罪。サンタクロースから「人には領分というものがある」と諭された。
骨なのになぜかまぶたがある。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

サリー(Sally)

死体から作られ、偶然心を持って生まれた継ぎ接ぎだらけの人形。

見た目は顔が青白く、口裂け女のようだが、心優しい性格でハロウィンタウンで一番の現実主義。クリスマス計画に熱を上げ過ぎて暴走するジャックを心配しているが、その一方で自分を束縛する生みの親のフィンケルスタイン博士の目を盗むため、度々「イヌホオズキ」の毒をスープに盛ったりするしたたかさも持ち合わせている。

利き手の右腕以外なら自力で縫い合わせることで修復可能なため、塔の上から飛び降りるなど体がバラバラになるような無茶をすることもある。そのため、網かごの手提げかばんには裁縫道具が入っており、ハサミを使えないため糸は口で切っている。街中がジャックのクリスマス計画で浮かれる中、その行く末を懸念している。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

サンディ・クローズ(Sandy Claws)(サンタクロース)

『クリスマス・タウン』に住む伝説の人物。クリスマス前の晩に、夢とプレゼントを世界中のいい子にしている子供達にだけ届ける 全世界の人気者であり、悪い子にはプレゼントはやらないと怒ることもある。

ジャックに「鋭い爪を持つ男」という意味の「サンディ・クローズ」と名前を勘違いされている。ジャックの命令でハロウィンタウンに拉致され、ウギー・ブギーによって殺されかけてしまうが、自分の行いを反省したジャックに助けられたことで彼を許し、彼の行いで巻き起こされた混乱を瞬く間に収拾。その後はハロウィンタウンに雪を降らせ、暖かな声でハロウィンの祝福の言葉をかけた。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ

まとめ作者