クリスマスに親子で観たいフィンランドの映画♡ 『サンタクロースになった少年』

「サンタクロースになった少年」・・子ども想いの老爺は、雪降る聖夜に現れる。クリスマスは今年もやって来る…フィンランドが贈るサンタクロー ス誕生秘話。心温まる素敵な映画でした。大人が観たい映画でもあり、そのストーリーに心がほんわかしてくる・・・。愛と善意に満ちたたニコラス少年が素晴らしい!

228
1

『サンタクロースになった少年』

どうやってサンタクロースになったのか・・・

その謎が少しずつわかってきて、とても奥深い心情に駆り立てられます。

親と子では、見方が変わってくると思う内容です。

人々に愛と善意を贈り続けたニコラス少年の姿を是非観てください。

サンタクロース誕生秘話を描いたフィンランド製ドラマ。

『サンタクロースになった少年』フィンランド語: Joulutarina、英語: Christmas Story は、2007年のフィンランドの映画。サンタクロース誕生秘話をオリジナルストーリーで描く。 日本では劇場未公開。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

ハートウォーミングなサンタ誕生物語!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィンランド・アカデミー賞最高人気賞・最優秀撮影賞。サラソータ映画祭(アメリカ)観客賞。エレバン国際子供映画祭(アルメニア)最優秀作品賞。FICI国際子供映画祭(スペイン)観客賞。

サンタクロースはなぜサンタクロースになったのか。その少年時代に秘められたおはなし。 クリスマス伝説の謎が解き明かされる! 孤児になった不幸にもめげず、人々に愛と善意を贈り続けたニコラス少年の姿が胸をうつ。
引用元:www.amazon.co.jp(引用元へはこちらから)

ストーリー

クリスマスの夜に両親と乳飲み子の妹アーダを事故で亡くし、1人ぼっちになったニコラスは村の6つの家族と1年ずつ暮らすことになる。 毎年クリスマスになると次の家に移るニコラスは、世話になった家の子供たちのために手作りの玩具を贈るようになる。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)
6年目になり、村の家族を一巡したニコラスだったが、不作と不漁でどの家も再びニコラスを引き取れる状態になかった。 すると、村に手作りの家具を売りに来ていた家具職人のイーサッキが、ニコラスの手先の器用さを買い、働き手として引き取ることになる。 子供嫌いのイーサッキは、ニコラスにも厳しくあたるが、真面目で覚えの早いニコラスを徐々に気に入るようになる。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)
1年が過ぎ、またクリスマスがやって来る。ニコラスはこれまで通りに別の家に移ろうとするが、イーサッキはニコラスが毎年クリスマスに子供たちに贈っている玩具を作るのを手伝い、それを配るのも手伝う。そしてイーサッキはニコラスに、自分が子供嫌いなのは、実の息子たちに見捨てられた過去のせいであることを告白し、ニコラスをこのまま引き取りたいと言う。 打ち解けあったニコラスとイーサッキは実の親子のように2人で暮らすようになる。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者