2018年05月18日更新
アクアパッツァ レシピ 作り方

「アクアパッツァ」豪華に見えてとっても簡単!アレンジレシピと作り方動画!

「アクアパッツァ 」は魚介類をトマトとオリーブオイルなどとともに煮込んだナポリ料理です。シンプルですが、それぞれのうまみの相乗効果でおいしく仕上がります!アレンジレシピと作り方動画をご紹介します!

504
0

春の小寒い日は、鍋をアクアパッツァ風に

出典:cookpad.com
春の小寒い日の夕食におすすめのレシピです
もちろんフライパンでもOKです♪

材料
鯛(連子鯛)一尾
あさり(砂出し済み)150g~200g
ミニトマト8個
にんにく 2片
白ワイン(なければ酒) 200cc
水100cc
ケーパー(※塩抜き必須 なくてもOK) 小さじ2
オリーブ油 大さじ2
塩、胡椒適量
ハーブ類(ローズマリー、ディルなど) 香り付け、飾り用

春の小寒い日は、鍋をアクアパッツァ風にのレシピ

1・鯛は鱗、えら、内臓を丁寧に取り除いてから、塩を擦りこみ、10分ほど置いておきます。

2・1の鯛から、水分が出てくるので、ペーパータオルや清潔な布巾で拭い取っておきます。鯛の両面に十字の切り込みを入れます。

3・あさりは、砂出しをすませたら、流水でこすり合わせるようにしながら洗って、ざるで水切りしておきます。

4・ミニトマトは洗い、にんにくは、皮をむいて、薄切りにしておきます。

5・鍋にオリーブ油をひき、にんにくとローズマリーを入れ、弱火で香りが立つまで炒めたら、にんにくは取り出しておきます。

6・2の鯛を、5の鍋に入れ、中弱火にして両面を軽く焼き目がつくくらいに焼きます。

7・あさり、ミニトマト、ケーパー、ディル、取り出したにんにくを加えたら白ワイン、水を回し入れ、塩、胡椒を少々振ります。

8・蓋をし、中火にして蒸し煮にします。鯛の大きさにより、時間調整をして下さいね。(今回は25cm位の鯛で約12分でした)

9・煮汁の味を見て味を調えたら、ハーブ類(今回はディルです)を飾るように散らせば、出来上がりです♪
引用元:cookpad.com(引用元へはこちらから)
鯛の鱗取りなどは、買い求めたお店でお願い出来る時はお願いしています。塩、胡椒は、煮ている段階で煮汁が辛くならないように、気をつけています。にんにくは、一片で大丈夫です。夫がにんにく好きなので少しだけサービスをしてます(笑)
引用元:cookpad.com(引用元へはこちらから)

野菜も一杯♩簡単アクアパッツァ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:cookpad.com
簡単、早い、おもてなしにも♩
切り身で簡単にできます。

材料 (2人分)
鱈の切り身2切れ
パプリカ1個
ブロッコリー1/2
あさり150gから200gくらい
玉ねぎ1/2
白ワインまたは酒30cc
にんにく ひとかけ なければチューブ5センチくらいでも
水80cc
塩胡椒適量

野菜も一杯♩簡単アクアパッツァのレシピ

1・鱈の切り身に塩をふり10分くらい放置します。今回は鱈ですが、お好きな白身魚で大丈夫かと思います。

2・
オリーブオイル 大さじ1位をフライパンにひきます。

3・
切り身から出た余分な水分をキッチンペーパーで挟み水分を取ります。オリーブオイルを熱したフライパンで両面やきます。

4・
両面やけたら、にんにくを入れます。香りが出たら、水80ccと白ワインまたは酒30cc、あさりや他の野菜も全部投入!

5・
蓋をして7.8分放置します。

6・最後に塩胡椒します。あさりの旨味が出てると思います。お好みの塩加減にして完成です。
引用元:cookpad.com(引用元へはこちらから)
あさりは50度のお湯でこすりあわせ洗い、1時間くらい放置して砂をはかせます。更に時短の時には、野菜等はレンチンして水気は捨ててフライパンに投入^ ^私はいつもそうします。
引用元:cookpad.com(引用元へはこちらから)

お店の味♫丸ごと1匹!鯛のアクアパッツァ

料理教室でも人気だった鯛などの白身魚とあさりで作るアクアパッツァ。これ一品でとても豪華になります。切り身でも代用可です♫
出典:cookpad.com
材料
鯛等白身魚(下処理済みのもの)1尾
(あれば)タイム 2〜3枝
あさり12〜15個
ドライトマト5〜10g
(A)種無しオリーブ(緑)5個
(A)ニンニク 1片
ケッパー 大さじ1/2〜1
アンチョビ 1枚
ミニトマト10個
種無しオリーブ(黒・緑)各5個
塩、胡椒適量
オリーブオイル 大さじ4〜5
白ワイン 100cc
ドライトマトの戻し汁200cc 
(あれば)ローリエ  1枚
(あれば)イタリアンパセリ 適量

スポンサーリンク

スポンサーリンク

お店の味♫丸ごと1匹!鯛のアクアパッツァのレシピ

1・あさりは砂抜きをする。

2・鯛は包丁の背で表面に残ったうろこなどをこそげとり、腹部は水でよく洗い、キッチンペーパーで水気を拭き取る。

3・(2の作業で内臓や血合いを綺麗に流さないと、生臭くなってしまいます。膜を破って中の血合いを流水で洗い流しましょう。)

4・鯛は、腹の中心部(厚みのあるところ)の皮目に切れ目(バッテン)を入れ、鯛全体と腹の中に塩胡椒し、腹にタイムをつめる。

5・3の鯛全体をペーパータオル&ラップで包み、冷蔵庫で30分置き、出てきた水分は拭き取る。(これで魚の臭みが取れます)

6・ドライトマトは湯250ccにつけて戻し(10〜15分程度)、柔らかくなったらみじん切りにする。(汁は捨てない)

7・ミニトマトはヘタを取り、【A】の種無しオリーブとにんにくははみじん切りにする。イタリアンパセリは荒く刻む。

8・砂抜きしたあさりは貝同士をこすり合わせるように、流水でよく洗う。

9・大きなフライパンにクッキングシートをしき、オリーブオイル(分量外)を大さじ入れて中火にかける。

10・焼き目がついたらトングなどで魚を支え、クッキングシートを引き抜きながら魚をひっくり返す。

11・裏面も同じように焼き目がつくまで焼く。魚から出たこの油は臭みのもとになるので、キッチンペーパーなどでしかkり取り除く。

12・火を一旦消し、オリーブオイル大さじ4〜5をフライパンの端に足し入れ、そこにニンニクを加えて香りをオイルに移す。

13・アンチョビを加え、ヘラで潰し、ケッパー、ドライトマト、あさりを加え、強火にし、白ワインを振り入れる。

14・強火でアルコールを飛ばしながら貝の口が開くまで待つ。

15・アルコールが飛んだら種無しオリーブ(黒・緑)とミニトマト、ドライトマトの戻し汁、ローリエを加え蓋をして10分弱火で煮込む

16・時々魚にスープの旨味を吸わせるよう、おたまでスープを回しかける。

17・お好みの味になるまで煮つめ、塩胡椒で味を整える。

18・皿に盛り、刻んだイタリアンパセリorタイム(そのまま)を飾る。
引用元:cookpad.com(引用元へはこちらから)
鯛の臭みは、以下3つで防げます。
①流水で残っている内臓や血合いを取り除く
②塩をして出てきた水分を取り除く
③表面を焼き付けた後にでる油を取り除く
鯛の下処理(腹を開いて内臓をとり、うろこを取ってもらう)は、スーパーでしてもらいましょう!
引用元:cookpad.com(引用元へはこちらから)

レンジで簡単!ブリの和風アクアパッツァ

出典:cookpad.com
レンチン5分!味噌風味!

材料 (2人分)
ぶり2切れ
筍少々
ズッキーニ1/2
パプリカ1/4
舞茸少々
オリーブオイル 大さじ1
白ワイン 大さじ1
酒大さじ1
味噌小さじ1
ほんだし 小さじ1
鷹の爪(輪切り) 少々
塩黒胡椒少々
生姜(チューブ) 1cm
にんにく(チューブ) 5mm

レンジで簡単!ブリの和風アクアパッツァのレシピ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1・ブリは洗って一口大に切る!ズッキーニは薄切り筍パプルカは細切り舞茸はさいておく

2・材料を全部まぜる※味噌は酒で溶いて加える

3・ラップを掛けてレンジ600w5分チン
引用元:cookpad.com(引用元へはこちらから)
ブリの下処理は水洗いだけでOK
引用元:cookpad.com(引用元へはこちらから)

動画|アクアパッツァの作り方

出展:Youtube

ご家庭でプロの味!クッキング! 「アクアパッツァ」

《てげ旨クッキング》2013年12月24日OA 「アクアパッツァ」 出演:タツヤカワゴエ・ミヤザキ 料理長 田口 信幸(たぐち・の...

出展:Youtube

魚まるごと煮込んだプロ直伝「アクアパッツア」の作り方(Acqua pazza)| Chef's Holiday

今週のChef's Holidayは魚を一匹まるごと貝やトマト、オリーブなどと一緒に煮込んだ南イタリアの料理、アクアパッツァ。スーパーで内臓処理済みの...

出展:Youtube

本格アクアパッツァのおいしい作り方レシピ | 料理サプリ

日髙シェフが店名にも掲げている南イタリアの魚料理。見た目が華やかなのにフライパンひとつで簡単にできるので、おもてなしにもぴったり。...

出展:Youtube

タラの切り身でOK!アクアパッツァの作り方

イタリア料理のアクアパッツァを おうちで 簡単で おいしく!! 切り身でもじゅうぶん美味しいですが まるまる1匹の魚を使ってもやっぱり美...

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者