親子で楽しめる!感動アニメ映画『アーロと少年』アドベンチャーファンタジー♪

『トイ・ストーリー』に始まり、数々の作品で“友情”を通しての冒険や感動を描き続けてきたピクサーが、スタジオ創立30周年の記念すべき年に放つ、誰もが共感できる新たな友情の物語。そして、新しい世界に一緒踏み出そうとするすべての人に、勇気とエールを贈る作品。恐竜と少年の固い絆をお子様とご一緒にどうぞ♪

94
1

感動アニメ映画「アーロと少年」

友情や絆と言った心が育まれそうな、心が温まるそんなアニメ映画です。
是非、お子様とご一緒にご覧なってみてくださいね♪

もしも、隕石がほんのわずかの差で地球にぶつからなかったとしたら…。もしも、絶滅どころか進化を続けた恐竜たちが文明と言葉を持つ世界で人間と共存していたとしたら…?ディズニー/ピクサーが創り出した太古の世界。身体は大きいのに弱虫な恐竜アーロと、小さくてもたくましい少年スポットが主人公。圧倒的な大自然の中で育まれる彼らの“初めて”の友情と勇気、そして、アーロを想う父や家族の愛情が心に温かい、感動のアドベンチャー・ファンタジーです。
引用元:www.disney.co.jp(引用元へはこちらから)
出展:Youtube

映画『アーロと少年』ミュージック予告編

数々の名作を世に送り出してきたディズニー/ピクサーが、恐竜と少年の出会いを軸に壮大なスケールで描くアニメーション。絶滅せずに生き残...

出展:Youtube

映画『アーロと少年』予告編

数々の名作を世に送り出してきたディズニー/ピクサーが、恐竜と少年の出会いを軸に壮大なスケールで描くアニメーション。絶滅せずに生き残...

スポンサーリンク

スポンサーリンク

『アーロと少年』(アーロとしょうねん、原題:The Good Dinosaur)は、2015年公開のアメリカ合衆国の3Dコンピュータアニメーション・コメディ・アドベンチャー映画である。ピクサー・アニメーション・スタジオ製作で、 監督はピーター・ソーン、脚本はメグ・レフォーヴによる。恐竜の絶滅が起こらなかった世界を舞台に、見知らぬ土地をさまよっていたアパトサウルスのアーロ(Arlo)とまだ言葉を持たない原始人の子供との出会いを描く。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

ストーリー

画像を拡大

アーロと少年
THE GOOD DINOSAUR

出典:www.cinemacafe.net
今から6500万年前、地球に巨大な隕石が接近。しかし、隕石はわずかにそれて、地球に衝突しなかった―。
ある日、山のふもとで農場を営むアパトサウルスの夫婦に、子供が生まれた。最初に卵の殻を破って出てきたのは元気な女の子《リビー》。続いて、やんちゃな男の子《バック》。最後に残ったとびきり大きな卵から出てきたのは、小さくて臆病な《アーロ》。子供たちはすくすくと成長するも、怖がりのアーロは鳥に餌をやることさえできず、兄姉にからかわれてばかり。そんなアーロがパパから与えられた新しい仕事は、大切な食糧を盗む“生き物”を捕まえること。
引用元:www.disney.co.jp(引用元へはこちらから)
やる気いっぱいのアーロだったが、ワナにかかったのは人間の少年だった。その初めて出会う人間に驚きながらも、情をかけて逃がしてしまう。そんな弱虫で、父親に甘えてばかりだったアーロは、激しい嵐で最愛の父親を亡くし川に流されて見知らぬ土地で目覚める。迷子のアーロを救ってくれたのは、食糧を盗んでいた“生き物”=人間の少年《スポット》だった。

言葉も通じないのに、小さい体で一所懸命にアーロを守ってくれるスポット。最初は反発しながらも、やがてアーロはスポットに少しずつ心を開いてゆく。そうしてふたりは、アーロの家族が待つ家を目指し冒険の旅を始めるが、彼らの行く手には想像を絶する大自然の脅威や敵が待ち受けていた。力を合わせて困難を乗り越えていくうち、ふたりは言葉を超えた心で通じ合う、人生初の友だちになっていく。だが、運命はふたりを引き裂こうとしていた―。

果たしてアーロとスポットは、このままずっと一緒にいられるのか。冒険の先にふたりが見つけた、大切なものとは?
引用元:www.disney.co.jp(引用元へはこちらから)

ディズニー/ピクサーのアドベンチャーファンタジー 弱虫な恐竜と勇敢な少年の大冒険

この作品のあらすじ・みどころ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者