2018年11月13日更新
大根 離乳食 簡単

【離乳食初期】おすすめ!『大根』を使った簡単レシピまとめ★

手軽に手に入り、加工しやすい『大根』を使った簡単離乳食のレシピをご紹介します! ぜひ試してみてくださいね!!

664
0

調理におすすめの大根の場所は?

画像を拡大

水分が多くて、辛みが少ない2番がおすすめ!!

出典:toshigokachan.com
大根の皮付近は固いので皮は厚めにむこう!
離乳食には真ん中部分食べさせよう!
引用元:toshigokachan.com(引用元へはこちらから)

【初期】5~6か月頃におすすめレシピ

大根のペースト

画像を拡大

色んな料理にアレンジができます♪
冷凍保存もOK!

出典:recipe.rakuten.co.jp
材 料(小さじ30/人分)
大根  5cm(約200g)
お湯  適量


1

大根の皮を剥きます
*大根の上の方を使用します(甘味があるため、下は辛いので不向き)

今回は大根太いの5cm位。

2

薄いいちょう切りにして、水から茹でる
 ↓
柔らかく半透明になるまで茹でます

3

ザルにあけ水切り

4

熱いうちにすり潰します、
私はブレンダーでガー!っと、トロトロ状に!

*ブレンダーは楽天で買いました(笑)(・m・)

5

製氷皿やフリーザーバックに入れて冷凍!
フリーザーバックの場合は、空気を抜き薄く伸ばす。

6

■製氷皿はフタ付きがオススメです♪乾燥・酸化・臭い移りを防ぐ効果があるので!

■冷凍すると膨張するので、最高でも容器の8分目位に留める
引用元:recipe.rakuten.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

野菜スープ~取り分け離乳食~

画像を拡大

大人用と赤ちゃん用をとりわけて作る離乳食です!

出典:cookpad.com
材料 (赤ちゃんと大人の2人分)
野菜合わせて 100g程度
■ にんじん
■ 玉ねぎ
■ キャベツ
■ じゃがいも
■ 大根
■ かぶ
■ かぼちゃ
■ ブロッコリーなど
水溶き片栗粉小さじ1
■ 【大人用】
塩コショウ少々
固形ブイヨン 1/4個

1

野菜は皮や根を取って、一口大に切る。(みじん切りにしない方が柔らかく煮えます)

2

野菜を鍋に入れ、かぶるくらいの水を加えて中火にかける。沸騰したら弱火にし、あくを取りながら柔らかくなるまで煮る。

3

【赤ちゃん用】
2の野菜を取り出し、裏ごしするかすりつぶす。煮汁(スープ)と水溶き片栗粉を加えて、加熱しとろみをつける。

4

【大人用】2の後に、固形ブイヨン・塩コショウを足す。

5

余った野菜やスープは製氷皿等に入れて冷凍し、凍ったらふた付きの容器で保存しましょう。

コツ・ポイント
離乳食には香りの強い野菜(にんにく、しょうが、にら等)を避け、煮ると軟らかくなる野菜を使いましょう。
水溶き片栗粉等を加えてとろみをつけると赤ちゃんが飲み込みやすくなります。
冷凍後使用する際は、必ず十分加熱してから与えてください。
このレシピの生い立ち
離乳食づくりのベースとなる野菜スープ。とりわけ離乳食にすることで調理の手間を省き、家族みんなで野菜をたっぷり摂れるメニューです。
引用元:cookpad.com(引用元へはこちらから)

さつまいもと大根のだし煮

画像を拡大

さつまいもが食べれるようになったら試してみたいレシピ!

出典:cookpad.com
材料 (1人分)
さつまいも    10g
大根       5g
だし汁(水でも可) 適量
1

さつまいもは皮をむいて薄切りにして水にさらしておきます。
2

さつまいもを茹で、裏ごしします。
3

大根は皮をむいてすりおろします。
4

小鍋にさつまいもと大根、だし汁を少量入れて水分を飛ばしながら2~3分加熱して完成。

コツ・ポイント
甘みのある野菜と合わせると他の野菜も食べやすくなります。
引用元:cookpad.com(引用元へはこちらから)

玉ねぎと大根のペースト

画像を拡大

茹でてミキサーを使って作る簡単レシピ!

出典:cookpad.com

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者