2016年07月06日更新
妊娠 悪阻 妊娠初期

妊娠中の悪阻(つわり)を楽にする対策まとめ

妊妊娠つわり・悪阻の対策・対処法をまとめてみました。妊娠つわりを治療する薬ありませんが、ちょっとした工夫で軽減することはできます。

2201
0

妊娠初期に悪阻(つわり)になるのはどうして?

悪阻(つわり)の原因は諸説ありますが、妊娠初期にはプロゲステロンというホルモンが多量に分泌され、血管が弛緩しやすくなり、血圧が低下します。このことにより疲労感や無気力感、倦怠感を感じやすくなります。
引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)
胎児の前の胎芽と言われる妊娠5~6週頃から始まり、胎盤が完成する妊娠12~16週までにはほぼ半数以上の人が落ち着くと言われています。なかには少数ですが臨月近くまで続く人もいます。妊娠に対する恐怖、不安、精神的ストレス、うつの既往があると悪化しやく、長引きやすいと言われています。

引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)
一人目の妊娠時は悪阻がなかったのに二人目の妊娠の時はひどかった、仕事をしている時は平気だけど家に帰ると悪くなる・・・という人も!
妊娠初期は赤ちゃんの大きさも小さく、卵黄嚢と呼ばれる組織から栄養をもらっているので、食事が思うように摂れなくても赤ちゃんの成長には問題にはなりません。ご安心ください。

引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)

悪阻の症状とは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

吐き気や嘔吐、食欲低下、嗜好の変化(脂っこいものやご飯の炊き上がりのこもる匂いなどが苦手になるなど)のほか、逆流性食道炎や胸焼けのような症状が出る人もいます。最近では唾液の分泌が亢進して、口に溜まり不快になる人が増えてきています。とにかくだるい、眠くなる、頭痛がするというのも悪阻の一種
引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)

今からできる!妊娠つわり・悪阻対策

こまめに水分補給

レモン水やスポーツドリンク、緑茶、ペパーミントティーなど飲みやすいものでカフェインが入っていないもの。
発泡ガス入りのミネラルウォーターや炭酸水、ジンジャーエールなどは吐き気を緩和するのに有効です。
食事がとれないときは、栄養のあるスープやジュース、ゼリー飲料でも大丈夫。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ぬるいお茶や水は飲まない

ぬるいお茶や水は吐き気やムカムカを増幅させます。お茶や水を飲むときは冷やすか熱いものを。熱いお茶やお湯は、胃が落ち着いてホッと一息つけます。

食事を小分けに

1回の量を減らし胃腸に負担がかけないように3食を5食ぐらいに分けて食べる

すぐ食べられるものを常備しておく

空腹になるとムカムカや吐き気が強くなります。胃の中に食べ物を入れることで吐き気が落ち着いてきます。寝ている間に空腹を抑えるために寝る前と朝起きる前に少し食べることでも軽減されます。
出典:chalow.net
小さいおにぎりを何個か作っておくのも◎

スポンサーリンク

スポンサーリンク

食べられるものをだけを食べよう

悪阻中は、自分の食べたい、食べられるものを食べましょう!
栄養バランスはこの時期は、気にしなくても大丈夫。
わたしは、マックのポテトをよく食べていましたwww

ブラジャーや補整下着、スパッツなどを着ない

ブラジャーやスパッツは体を締め付けるのでしんどくなります…
カップ付きのタンクトップやキャミソールを着ると楽チン。

ソファーなどに座って後ろに体を伸ばす

ソファーに座って(正座なら足を開いておしりを床につける)ぐっと体を後ろに伸ばします。こうすると圧迫された胃が伸びて、つわりが緩和されます。

つわりにエビオスを飲む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者