2016年07月06日更新
プール熱 リンゴ病 病気

夏に流行する子供の病気

リンゴ病感染が東京で騒がれている中、他にも子供の夏の病気を知っていれば、予防もできますね。子供の病気は、変わってあげられないのが苦しいほど、ママにとっても心の負担が大きくなります。

2720
0

病気

出典:free-photos.gatag.net
泣いてる子供
子どもの病気は、冬だけじゃなくて夏に流行するものもあります。

子どもの病気は、子ども本人だけじゃなくて看病する親にとってもつらいものですね。

どんな病気が夏の病気かを知って、予防に努めてみませんか?

夏に流行する病気

冬は細菌感染が多く、夏はウイルス感染が増えます。
引用元:www.kanto-ctr-hsp.com(引用元へはこちらから)
感染症とは、ウイルスや細菌、真菌、微生物などが皮膚や粘膜などから体内に侵入して増殖し、さまざまな症状を起こす病気のこと。
引用元:www.health.ne.jp(引用元へはこちらから)
夏に流行する病気はウイルスが原因だったんですね。
どんなウイルスがいて、どのような症状なのかを確認していきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

リンゴ病

咳、鼻汁、微熱など軽い風邪の症状が出る。
その後赤い発疹がほおの辺りに出て、その後手足にまで広がる。
接種で予防ができず、不明な部分が多い病気。
引用元:www.health.ne.jp(引用元へはこちらから)
両ほほや腕と足などに境界がくっきりした赤い発疹が生じ、軽度の風邪の症状も見られます。発疹ができる頃には自然と抗体ができ始めていて、終わりかけていることが多いです。
引用元:news.mynavi.jp(引用元へはこちらから)
出典:idsc.nih.go.jp
両側の頬に出現した赤い発疹
出典:search.seesaa.jp
腕にでた赤い発疹
リンゴ病は、風邪のような症状と、腕や頬などの赤い発疹が特徴です。
潜伏期間は2~3週
引用元:www.mcfh.or.jp(引用元へはこちらから)
潜伏期間が2~3週もあると、その時期には症状がみられないです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

他の人への感染については、感染して1週間目くらいがもっともうつりやすいことがわかっています
引用元:www.mcfh.or.jp(引用元へはこちらから)
感染力が強い時期には、感染している人の特徴も症状もないので、周囲の人も注意することができないのが、この病気の怖い点ですね。

手足口病

手、足、口に(子どもの場合は肘、膝、お尻にも)米粒ほどの水疱性の発疹ができます。
発疹は水疱状で、やがて破れて潰瘍になり、痛痒くなってきます。口の中にできると、痛みで食事が困難になり、脱水症状をおこすことがあります。発熱や下痢、嘔吐をともなうことも。
嘔吐や頭痛が続く場合、心筋炎や髄膜炎を合併していることもあります。
引用元:www.myclinic.ne.jp(引用元へはこちらから)
発症者の約3分の1に発熱が見られますが、38度以下にとどまり高熱化しないことが多く、ほとんどが軽症です。しかし小さなお子さんは、口が痛くて水が飲めなくなり脱水になってしまうこともあるので要注意です。症状は7~10日ほどで自然に治まるとされています。
引用元:news.mynavi.jp(引用元へはこちらから)
重症化すると、髄膜炎、小脳失調症、脳炎のような、中枢神経系の合併症や、心筋炎、神経原性肺水腫、急性弛緩性麻痺といった症状が出ることがあるので、手足口病にかかったこどもの経過を注意深く観察し、合併症に注意をする必要があります。また、手足口病の典型的な症状は見られないのに重症になることもあります。
引用元:192abc.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

手や足や口に水疱ができる、手足口病です。
手や足にできたものもつらいですが、口にできるて破けると痛みが走ることで、水分や食事を受け付けられなくなり、脱水となることも恐ろしさのひとつです。
また、重症することもあるので いつもと様子がおかしい、活気がないなど見られるときは迷わず受診する必要があります。
感染すると3~6日間の潜伏期間を経て、口の中、手の平、手の甲、足の裏、足の甲などに2~3mmの水疱性の発疹ができます。
引用元:192abc.com(引用元へはこちらから)
潜伏期間は3~6日、発症しない保菌者もいるので、誰がウイルスを持っているかは分かりません。
手足口病に有効なワクチンはないので、予防接種をすることはできませんので、日常生活の中で予防をしましょう。予防法は、水と石けんでしっかりと手を洗いましょう。タオルの共用をすると感染しやすいので、保育園や幼稚園に行っている乳幼児には自前のタオルを持参させてあげましょう。
引用元:192abc.com(引用元へはこちらから)
予防方法はやはり小まめな手洗いが重要になるんですね。自前のタオルで、他からもらわないし、渡さないということが感染の拡大を防ぐ方法です。

ヘルパンギーナ

まず感染から2~4日後に突然の高熱(38~40度)が出るのと同時に、のどの奥に小さな水ぶくれができます。水ぶくれが破れると痛みが生じるのも特徴です。発熱が2~4日程度続いたあとで、食欲不振や全身のだるさ、頭痛などが現れ、完治するまでには1週間ほどかかります。手足口病と同じく痛みで水が飲めず、脱水を起こしやすいので注意しましょう。
引用元:news.mynavi.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者