2016年07月06日更新
体重増加 体重減少 ダイエット

妊娠中は気にした方がいいの? 体重管理

妊娠中は体重増加に注意されるけど、体重減少も良くない。妊娠中の体重管理について、どうしてダメなのかを知って、適正な体重増加で過ごせるようにしよう!

3272
0

妊娠中

妊娠中に体重増加はしない方がいいっていうけど、どうしてなんだろう?
二人分食べなきゃいけないって本当なの?
それならあまり増やさない方がいいの?

妊娠中の体重増減による影響から、適切な体重を目指そう

妊娠中って太りやすい?

ホルモンの影響

、妊娠中にはプロゲステロンが分泌されます。

こちらは、妊娠中に赤ちゃんを守るためにはなくてはならないホルモンでいて、脂肪を蓄積させる役割があります。
引用元:www.joseerenard.com(引用元へはこちらから)
脂肪を蓄えることによって胎児を守ろうとするホルモンの働きから起こります。蓄えられた脂肪を栄養として胎児に与え、健康に育てるといった役目もあります。
引用元:xn--fiq8fs63d4mxtiv.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

妊娠中のホルモンの変化で、脂肪を蓄えるようにホルモンが働くので、体重増加があるのは自然なこと
出典:baby.goo.ne.jp
ホルモンの変化は、妊娠継続のために大切

便秘による影響

妊娠中は、プロゲステロンが分泌されることで腸の働きが低下したり、お腹の赤ちゃんの成長で子宮が腸を圧迫することなどで便秘が引き起こされます。

そして便秘が引き起こされると、体内に便などの老廃物の蓄積がされることでそれを排除するためにカロリー消費の役割である代謝が働いてそのことで機能が弱まってしまうのです。
引用元:www.joseerenard.com(引用元へはこちらから)
赤ちゃんの成長に伴い、腸はどんどん圧迫されスムーズに便を排出できない。また「いきむ」ことで赤ちゃんが出てしまわないかと「いきむ」行為に心理的にブレーキをかけてしまいます。
引用元:babyhapinesu.com(引用元へはこちらから)
便秘になると弁で体重が増えるだけでなく、それによって代謝が減ってしまうから余計に体重増加につながる

むくみ

妊娠中は非妊娠時と比べると血液に含まれる水分の量が1.3倍ほどに増えますが、これは血液をサラサラにして赤ちゃんへ栄養(血液)が流れやすくするためです。
その為に母体はホルモンの手助けで体に水分を吸収・溜め込みやすい体質へと変化します。
そのため、「むくみ(水太りで)」で体重が増加します。
引用元:babyhapinesu.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:naoru-net.com
足は特にむくみやすい
体の水分を増やすように体が働くから、むくみも起こりやすくなる
お腹が大きくなると、血液が心臓に戻りにくくなるから、さらにむくみの原因にもなってしまう

むくみで体重増加にもつながる

その他

何か食べてないと気持ち悪くなる食べづわりや食の好みが脂っこいものや甘いものに変化したことで体重が増加してしまったり、極端に運動量が減ったことで筋力が落ちてカロリーを燃焼させる代謝が低下して体重が増加してしまう方もいて、いわゆる食べすぎや運動不足ということで体重が増加しやすくなってしまう
引用元:www.joseerenard.com(引用元へはこちらから)
つわりは気持ち悪くなるのが、食べた時だけじゃない
空腹になることで気持ち悪くなるから、ついつい食べちゃう人もいる

太りやすい時期はいつ?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:www.yc-tsu.jp
妊娠週数

安定期

・体力をつけようとスタミナのある食事になった。
・つわり症状が治まって食事できるようになった。
・胃が圧迫されるので炭酸を飲んでスッキリしたくなる。
・お腹が膨らみ始めると前より食欲がわいてくる。
引用元:www.ikujizubari.com(引用元へはこちらから)
安定期に入りつわりなどの症状が軽くなると、食欲が増して体重増加する人が多いようです。
特に、食欲不振であまり食べられなかった人は、栄養を摂らなくてはと、つい食べ過ぎてしまうことがあります。
引用元:mamari.jp(引用元へはこちらから)

妊娠後期

妊娠後期に入ると、赤ちゃんの成長速度が早くなるため、以前より体重が増加しやすくなります。
また、大きいお腹をかばって動きがゆっくりになったり、体が重たくて動く機会が減ったりするため、特に体重増加しやすい時期と言えます。
引用元:mamari.jp(引用元へはこちらから)

他にも

◆イベントのとき
誕生日、クリスマス、お正月・・・・・・。みんなで楽しく盛り上がって、食欲旺盛に。甘いケーキもつきものです。食べるな、とはいいません。その日限りの「1日限定」にして、翌日は控えめに。元のペースにすぐ戻しましょう。
◆安静にといわれたとき
医師がいう安静とは、トイレと食事以外は寝ているということ。動かないわけですから、消費カロリーはぐっと減ります。しかも寝てばかりでやることないので、ついお菓子に手が伸びて・・・なんてことにならないで。
◆産休に入ったとき、里帰りしたとき
産休に入ってから、急に太ってしまう人は多いですね。通勤や仕事で使っていたカロリーが、消費できないことも一因。里帰りして親がなんでもやってくれる極楽生活にも要注意!
◆臨月になったとき
おなかがぐっと張り出して、動くのがおっくうで・・・。それに、もうすぐ生まれる、と気がゆるんでしまうんですね。妊娠の後半は妊娠中毒症が発症しやすいので、注意しましょう。

引用元:www.premama.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者