2016年07月06日更新
妊娠 岩盤浴 リフレッシュ

妊娠中は気にした方がいいの? 岩盤浴

岩盤浴に、汗をかくためや、リフレッシュのために通っている人もいるけど、妊娠したら、岩盤浴って止めた方がいいの?何がダメなの?分からないまま我慢するより、不安だけど行ってしまうより、調べてみませんか?

3022
0

岩盤浴

サウナほどつらくはないし、寝ているだけで体中が温かくなって汗をかけるから、リフレッシュにもなると人気の岩盤浴

でも、妊娠中はお腹の赤ちゃんのことを考えると、岩盤浴も確認してから行きたい

妊婦さんの岩盤浴のまとめ

岩盤浴とは・・・

四〇度程度の岩盤の上で寝転がり、湿度六〇から八〇%ほどの蒸し暑い部屋の中で呼吸をすることで全身を温め、くまなく体中から発汗していく入浴方法です。
引用元:igot-it.com(引用元へはこちらから)
心地よい温度に温めた天然の鉱石の上にバスタオルなどを敷いて横たわり、サウナ以上の発汗作用を得られる「お湯を使わないお風呂」の事を岩盤浴と言います。
引用元:www.ganbanyoku.org(引用元へはこちらから)
お風呂くらいの温度に温められた岩盤の上で寝ころぶだけで、発汗作用がサウナ以上にあるから、リフレッシュやデトックスにとても人気な岩盤浴

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:www.wis-net.co.jp
岩盤浴の入り方

岩盤浴の効果

岩盤浴の健康効果は遠赤外線によるものが中心です。

● 冷え性の改善
● 血液循環の改善
● 自然治癒力の向上
● 美肌効果(体内コラーゲンの合成)
● 免疫力向上
● 肩こりの改善
● ダイエット効果
● 老化防止
● 新陳代謝の促進
● 便秘の緩和
● 排毒効果(デトックス効果
● ストレスの解消・軽減
引用元:www.ganbanyoku.org(引用元へはこちらから)
新陳代謝を活発にすることで身体の流れが良くなり、汗や尿とともに老廃物を体外へ排出することができます。さらに、身体が本来の働きを取り戻す事により様々な効果が期待出来ます。健康の維持促進冷え性の改善ダイエットお肌の改善リラクゼーション効果不眠症の改善免疫力UPアンチエイジング
引用元:www.damai.jp(引用元へはこちらから)
遠赤外線によって温まることで、新陳代謝アップ!
それによって、冷え性や免疫力アップや美肌、快眠、ダイエット効果や便秘解消も期待できる

お店は妊婦は受け入れてくれる?

私は岩盤浴が好きで良く行くのですが、「妊娠しているかたは入れません」という注意書きを目にします。どうして妊娠すると岩盤浴に入れないのでしょうか?
引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
妊娠中の岩盤浴は、お店もNGというところが多い

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:free-illustrations.gatag.net
妊娠期間は我慢

妊娠中に行ってもいいの?

どうして注意書きにも書かれているのか、妊娠中に岩盤浴に入ると胎児に影響は?妊婦に影響があるの?

脱水症

岩盤浴はサウナと違い熱すぎないので気が付きにくいかも知れませんが、大量の汗をかきます。ふらついて転んでしまう可能性もあるでしょう。
引用元:mamanoko.jp(引用元へはこちらから)
岩盤浴はサウナよりも低温なんですが、大量の汗をかくため、
脱水症の危険がある
引用元:ninpy.com(引用元へはこちらから)
妊娠中はいつもより水分が体に必要な時期、そんな時に大量に発汗することで、脱水症にもなりやすい

スポンサーリンク

スポンサーリンク

低血圧症状

岩盤浴から出てから血圧が下がり
貧血になるということも考えられます。
引用元:ninpy.com(引用元へはこちらから)
岩盤浴で体が温まることで、末梢結果が拡がり、発汗によって体の水分も少なくなると、血圧が下がりやすくなってしまう
血圧が下がってしまうとめまいがしたり、立ちくらみが起こり、転倒してしまう危険もある

特に妊娠中の転倒は流産の危険もある
妊娠していることで血液が元から子宮へ巡るようになっていて、脳への血流が少なくなり立ちくらみもしやすいから、さらに危険

細菌感染

出典:www.irasutoya.com
細菌・ばい菌
岩盤浴の部屋は温度や湿度で細菌が繁殖しやすい環境になっているので、感染症が気になります。
引用元:mamanoko.jp(引用元へはこちらから)
お客とお客の合間に
掃除をしている岩盤浴は少ないかと思われます。

ですので、菌が繁殖しやすい場所となっているため
なんらかの細菌に感染し、胎児に影響が出る可能性もあります。
引用元:ninpy.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ

まとめ作者