2016年07月06日更新
英語教育 英語 習い事

赤ちゃんから始めたい!英語教育が大事

今の時代、英語教育はすごく大事です。赤ちゃんの頃から、英語に興味を持っている事が大事です。 でも、いつから始めたの?英語を赤ちゃんから始めるのは早い? そんな疑問をまとめています。子供が将来困らないようにしたいですね。

1541
0

赤ちゃんも英語

幼児(赤ちゃん)から英語教育って大事な時代ですよね。
そこで、いつから始めたらいいかまとめています

幼児の英語の学び方って?

出典:elfa-a.com
英語教育
幼児に対して、どう英語教育を始めたらいいか悩みますよね

いつから始めるの?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ある程度日本語が話せるようになってから?
それとも赤ちゃんの時から?
いつからはじめたらいいか悩みます

0歳からでもOK

0歳から

出典:mutsuyo.petit.cc
0 歳からでも
早ければ早い方が効果が出る!まずは日本語を学んでからが良い!様々な意見があるとは思いますが、英語という言語に慣れさせるという意味では、0歳から始めるのが良いでしょう。
引用元:mamari.jp(引用元へはこちらから)

1歳からでも

出典:www.myclinic.ne.jp
一歳からも

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「1歳で日本語もわからないのに英語を覚えてもいいの?」と聞かれることがよくあります。
答えは”YES”です。オーストラリアやアメリカなど移民が多い国では、2ヶ国語、3ヶ国語を母国語のように使える方が普通にいます。
引用元:elfa-a.com(引用元へはこちらから)
思い立ったらすぐ始めるのがいいです。
小学生でも遅くないらしいですよ

早く英語への道筋を

国語を介してしか英語を話せなくなる前に、できるだけ早いうちに英語への道筋を作っておくことが重要です。
引用元:elfa-a.com(引用元へはこちらから)

年齢別発達状況

0~3歳

3歳までに約8割方、脳の発達が終わるため、ネイティブのように英語を学べる最後の時期
英語と日本語の周波数の違いを聞きとれるため、正確な発音と英語耳が身に着く
脳のアルファー波が働き、情報を選択することなく、潜在意識で成人よりも50倍の能力で吸収することができる
引用元:elfa-a.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

3~6歳

聴覚の発達が終わるため、ネイティブの耳と発音が身に着く最後の時期
英語と日本語の周波数の違いを聞きとれるため、正確な発音と英語耳が身に着く
脳のアルファー波が働き、情報を選択することなく、潜在意識で成人よりも50倍の能力で吸収することができる。
引用元:elfa-a.com(引用元へはこちらから)

最後に英語教育の必要性

早く始めたらいいのかわかるけど、どうして?
そんな疑問もまとめています

学校教育も日々変化

実は今、小学5年生から英語教育が開始しているのですが、小学3年生からに変わると文部科学省が発表したのです!
引用元:itmama.jp(引用元へはこちらから)
 2011年度からの新しい学習要綱では、英語のコミュニケーション能力、リスニング力を重視した内容になってきています。しかし、学校によって内容や力の入れ方、教師の質に差があることが問題となっています。
引用元:elfa-a.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ

まとめ作者