2016年07月06日更新
読み聞かせ 0歳 絵本

【0歳児】読み聞かせの絵本 オススメって?

読み聞かせが赤ちゃんに凄くいいというのは、よく言われていることです。 でも、どんな本を読んだらいいかわからないことも多いかも。 そこで、0歳児にオススメの絵本を集めています(まずは、有名な3冊を紹介しています)

1330
0

読み聞かせ

出典:www.city.uji.kyoto.jp
読み聞かせの様子
赤ちゃんに読み聞かせがいいって知っていますよね。
そこで、0歳児におすすめの絵本をまとめています

読み聞かせもドキドキ

赤ちゃんに初めて絵本の読み聞かせをする時、お父さん・お母さんの側にもちょっぴり不安がありますね。「まだ、早いかなあ?」とか「気に入ってもらえるかなあ?」など、ちょっとドキドキしながら絵本を読み始めるかもしれません
引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)
ところが、赤ちゃんに読んであげると、この作品に対する評価は一変するはずです。目を凝らし、耳をすませて、絵本に集中する赤ちゃんの姿に感動さえおぼえます。
引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)
これが、良い絵本の持つ底力。そして同時に、小さいながら、何でも吸収し、成長しようとする赤ちゃんの力の発露でもあると思います。「うちの子は、まだまだ小さいから絵本は無理……」などと、大人が勝手に決めつけないで、どんどん絵本を楽しんでいきましょう。
引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんのあそびの一環として読み聞かせをしてみては?
はじめは赤ちゃんの反応にドキドキするかもしれませんが、きっと楽しい時間が過ごせますよ

読み聞かせの絵本 オススメ3選

長く愛されている絵本3冊を紹介しています。

1. だっだぁー

出典:192abc.com
だ っだぁ ー
●作/絵:ナムーラ・ミチヨ
●税込価格:918円
引用元:192abc.com(引用元へはこちらから)
「ぶっひゃひゃぁー」「むちゅむちゅ」「だらったらぁーだらぁー」といった擬音語と、それを粘土で表現した表情が、何とも不思議な協和音を奏でる一冊です。大人には何が面白いのか理解するのが難しいかもしれません。しかし!赤ちゃんは、この絵本を読んであげるとものすごい勢いで笑うんですよね。
引用元:192abc.com(引用元へはこちらから)
赤ちゃんには、リズム感のある言葉が沢山出てくるのがいいかも

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2. いないいないばあ

出典:geocities.jp
いないいないばあ
●作/絵:松谷みよ子
●税込価格:756円
引用元:192abc.com(引用元へはこちらから)
40年以上も愛されているベストセラーです。内容がとてもシンプルなので、読み方を工夫するだけでそれぞれのページの印象がガラッと変わる絵本です。
引用元:192abc.com(引用元へはこちらから)
赤ちゃんと一緒に「いないいないばあ」でコミニュケーションをしましょう

3. 「あかちゃんのあそびえほん」シリーズ

出典:192abc.com
「あかちゃんのあそびえほん」シリーズ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

●作/絵:きむらゆういち
●税込価格:734円
引用元:192abc.com(引用元へはこちらから)
かわいらしい絵柄の仕掛け絵本です。シンプルな仕掛けなので、赤ちゃんでもめくりやすくなっていますよ。挨拶や歯磨きといった、大人が子供に教えたいことを、分かりやすく導入したいときにはぴったりの絵本だといえます。
引用元:192abc.com(引用元へはこちらから)
基本的なしつけを楽しむ絵本で学べますよ
今回紹介した絵本は、どれも書店やAmazonで評判が高いものばかりです。どれを買おうか迷ってしまう時には、まずは図書館で借りてきて、実際に本を見せてあげて、特に赤ちゃんの反応のいい絵本を買ってあげるといいかもしれませんね。親子でコミュニケーションをとりながら、赤ちゃんの絵本に対する興味や関心を高めていってあげたいですね。
引用元:192abc.com(引用元へはこちらから)

こちらも参考に

こちらも参考にしてみてね

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者