2016年07月06日更新
赤ちゃん 熱中症対策

夏に気をつけたい!赤ちゃんとお出かけ。注意点まとめ(熱中症・紫外線対策)

暑い夏。赤ちゃんとお出かけを楽しむための注意点をまとめています。紫外線対策や熱中症の対策など、赤ちゃんとお出かけに関する注意点を紹介しています。 楽しく夏のおでかけが出来るといいですね。

402
0

赤ちゃんとお出かけ

出典:googirl.jp
赤ちゃんとのお出かけ
夏の時期に気をつけたい赤ちゃんとのお出かけ。
紫外線対策や熱中症対策などまとめています

暑さ対策(熱中症対策)

対策

赤ちゃんは体温調節機能が未熟なため、日射病や熱射病といった熱中症になりやすいものです。気温がもっとも上昇する時間帯に外に出るのを避けたり、なるべく涼しく過ごせるよう衣服に気を配ったり、ベビーカーやチャイルドシートに工夫をしたりして、暑さ対策に気を配りましょう。
引用元:baby.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)

赤ちゃんをチェック

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんにとって快適な温度なのかは首筋で確認します。
手足や顔が冷たくても背中に汗をかいているかもしれません。赤ちゃんが暑くないか首筋チェックをしてあげましょう。
引用元:1616web-note.com(引用元へはこちらから)

熱中症の具体的な症状

家で対応

顔の皮膚が赤く(青く)なる
元気がなく、何となく機嫌が悪い
いつもより母乳やミルクを飲みたがる
汗をかかなくなる
おしっこが出なくなる
引用元:1616web-note.com(引用元へはこちらから)
これまでの症状でしたら「水分補給」「冷やす」ことで症状が和らぎます。それでもなかなか症状が改善しないようなら心配ですよね。そんな時は迷わず病院に行きましょう。
引用元:1616web-note.com(引用元へはこちらから)

すぐ病院へ

水分が取れなくなった
ぐったりする
意識が朦朧としている
呼びかけても反応がない
引用元:1616web-note.com(引用元へはこちらから)
このような状態になってしまったら、体を冷やしながら急いで病院に行きましょう!
引用元:1616web-note.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

でも、赤ちゃんの様子がおかしかったら病院へ行くなどの素早い対応が必要です

紫外線対策

紫外線対策 いつの時期から

紫外線対策はいつ頃からすればよいかと言えば、年中紫外線は降っています。
ですが3月から10月ぐらいの間が紫外線の増える季節ですので
この時期ぐらいから赤ちゃんの紫外線対策を行っていくと良いでしょう。
引用元:kirarimama.com(引用元へはこちらから)

どうしたら良いの

角質層が薄く、皮膚のバリア機能の弱い赤ちゃんは、大人よりも強く紫外線の影響を受けます。外出の際には帽子をかぶり、遊ぶときも木陰や屋根のあるところを選んで、長時間直射日光に当たらないようにしましょう。ベビー用の UVクリームなどで肌をガードすることも忘れずに。
引用元:baby.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)

UVケア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

お肌がデリケートな赤ちゃんには、紫外線をしっかりケアしつつ、肌に負担が少ないものを選びたいですね。赤ちゃんに大丈夫なものはママももちろん安心して使えますので、親子で使えるものが便利です。特に、ママ自身のうっかり日焼けが多くなるのが初夏の頃。おでかけのときは自分も赤ちゃんも大事にケアしていても、洗濯物を干すときや、ちょっと近所までゴミ捨ての際などにけっこう浴びてしまうので、手軽に安心して、サッと使えるものを選びましょう。
選ぶポイントとしては、紫外線防止効果と成分です。

引用元:www.babytown.jp(引用元へはこちらから)
日焼け止めは決して早すぎるということはないのです。紫外線吸収剤(紫外線を化学反応により放出する物質。赤ちゃんによってはこれで炎症を起こす子も)を使用していないベビー用を選んで。また、外出時は露出している肌部分すべてに日焼け止めを塗りましょう。とくに手・耳・鼻・首などは忘れやすいので気をつけて。
引用元:baby.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)

長そで、長ズボン

長そで、長ズボンのかわりを見つけよう
引用元:baby.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)

出かけるときは常に日よけを。

日陰のところにいれば紫外線はだいぶカットできるものです。そうはいっても真夏の日中に日陰を見つけるのは至難の業。そんなときは日陰を作ってしまいましょう。日陰を作るグッズを持参するにかぎります。さらに、ベビーカーに乗せているときの日よけ、ママが運転中の車の中のUVカットなど、日ざしに注意すべき場所は、た~くさんあるのです。
引用元:baby.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者