2016年07月06日更新
妊娠 体重管理 出産

妊娠中の体重管理。理想の体重増加って?

妊娠したからといって、2人分食べていたらカロリーオーバーになって体重が増えすぎて困るという人も多いのでは? 妊娠したら、どのくらいの体重増加が理想なのか認識して体重管理をしっかり行いましょう。 出産の時も体重管理ができていないと大変になりますよ。

1360
0

妊娠中の体重管理

妊娠したら、2人分食べないといけないと思っている人はいませんか?
カロリーオーバーだと、妊娠中も出産時にも大変なことになるかも。

妊婦だから2人分食べる!!のは昔。

妊婦だからといってたくさん食べるのは昔の話です。初期に食べすぎるとたくさん食べる習慣がついて今後が大変です。
引用元:www.beginning-pregnancy.com(引用元へはこちらから)
ママの食べたもの(栄養)が、そのまま赤ちゃんにいくわけではありません。一度ママのからだに蓄えられ、そこから必要なものが選択され、胎盤を通って赤ちゃんにいくのです。
引用元:www.premama.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「おなかの赤ちゃんの分まで、食べなさいね」というのは、昔の話。今のにんぷ界の常識は、食べ過ぎ、太り過ぎは禁物!
体重管理は、にんぷのいちばん大切な仕事、とココロエましょう!
引用元:www.premama.jp(引用元へはこちらから)

理想の体重増加って

妊娠中の理想の体重増加をまず知っておくことが他大事です。

自分の体形を知る

その数値(BMI)が、おさめるべき範囲の体重増加の目安です。ただし、妊娠初期はあまり体重を増やさないほうがいいでしょう。
引用元:www.beginning-pregnancy.com(引用元へはこちらから)

どうして体重増加したらいけないの?

妊娠中毒症

スポンサーリンク

スポンサーリンク

むくみ、高血圧、たんぱく尿のどれかひとつでも症状が出たら、妊娠中毒症ですが、太り過ぎると、そのリスクが高くなります。妊娠中毒症を放っておくと、胎盤の機能が低下して赤ちゃんに充分な酸素や栄養が送れなくなり、早産や未熟児の原因に。母子ともに命にかかわることがあります。
引用元:www.premama.jp(引用元へはこちらから)

妊娠糖尿病

妊娠糖尿病になり、血液中の血糖に異常が起こると、おなかの赤ちゃんまで皮下脂肪が増えて、太りぎみに。体重4000gを超える巨大児になると、帝王切開の確率が高くなります。また巨大児の赤ちゃんは、からだが大きいわりにひ弱で、内臓の機能が未熟なこともあります。

引用元:www.premama.jp(引用元へはこちらから)

出産時に難産になるかも

産道に脂肪がつき難産の確率が高くなります。
引用元:www.happy-mama.com(引用元へはこちらから)

どのくらいの体重増加が理想?

BMIの計算から自分の体型を知って、何キロ増えたらいいのか知ることが大事

スポンサーリンク

スポンサーリンク


BMI 肥満度     理想の体重増加
18未満 やせている 10~12kg程度
18~24 標準     7~10kg程度
25以上 太っている 5~7kg程度
引用元:www.premama.jp(引用元へはこちらから)

体重計に乗って、体重管理

体重計で毎日体重をチェックしましょう。生活習慣が自然に改善されます。妊娠中に太り過ぎると妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病を引き起こしたり、難産の危険性が高くなることが分かっています。
引用元:www.happy-mama.com(引用元へはこちらから)
1週間に500g以上の増加は、NG!
引用元:www.premama.jp(引用元へはこちらから)

妊娠中の体重増加の内訳

妊娠中の体重増加の内訳は、赤ちゃんの体、羊水や胎盤、ママの体の循環血液量の増加分、子宮の周りや乳房が発達してついた皮下脂肪分が含まれます。
引用元:www.beginning-pregnancy.com(引用元へはこちらから)
標準体型の人の場合、出産予定日ごろまでの体重増加は、10kg以内が理想です
引用元:www.combibaby.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ

まとめ作者