2017年07月23日更新
沢田研二 50周年 ジュリー

沢田研二、デビュー50周年 変貌についてファンは「姿は見ないようにしている」

デビュー50周年記念ツアーがスタートした沢田研二について週刊新潮が報じた。肥えた体型に加え、坊主頭となった沢田の変貌についてファンが言及。

1679
0

デビュー50周年記念ツアーがスタートした沢田研二

7月16日、NHKホール(東京都渋谷区)でデビュー50周年記念ツアーがスタート
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
オープニングでは、2歳時の写真からタイガース時代、ソロ時代を経て、現在に至る約4分間にまとめられた映像を上映
引用元:www.nikkansports.com(引用元へはこちらから)
6月まで取り組んでいた音楽劇の役作りで頭をそったため、十分に伸びていない短髪姿で登場した沢田は「さっきの映像は私じゃないよ。親戚の子たちですよ」とおどけていた
引用元:www.okinawatimes.co.jp(引用元へはこちらから)
「ほそぼそとでも続けていれば50周年を迎えられました。まだこうして一杯のお客さんの前にやれてうれしいです」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「私も69歳になりました。50年たって、こんなにいっぱいのお客さんの前で歌えてうれしい。この幸せをかみしめたい」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

沢田研二

出典:i1.wp.com
出生名 澤田 研二
別名 ジュリー
生誕 1948年6月25日
鳥取県鳥取市
出身地 京都府京都市
学歴 京都府立鴨沂高等学校中退
67年にグループサウンズの「ザ・タイガース」のリードボーカルとしてデビュー
『シーサイド・バウンド』や『モナリザの微笑』『君だけに愛を』などヒット曲を連発
71年、日本武道館で行われたコンサートを最後にザ・タイガースは解散

スポンサーリンク

スポンサーリンク

75年にシングル『時の過ぎゆくままに』をリリース、5周連続でオリコン1位となり、92万枚の売り上げを記録
77年シングル「勝手にしやがれ」で日本レコード大賞受賞
78年以降も『サムライ』や『ダーリング』、『LOVE(抱きしめたい)』など、多くのヒット曲を連発

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者