2016年07月06日更新
ウォーターシューズ 水遊び 足元

お子さんとの水遊びに!おしゃれなウォーターシューズまとめてみました

夏といえば、やっぱり水遊びですよね。でも気になるのが足元。お子さんは濡れても平気だと思いますが・・・大人はそうはいきません。スニーカーや靴を濡らさないように気にしながら・・・ってとても大変。そこでおしゃれなウォーターシューズの出番です

2886
0

お子さんとの水遊びに!おしゃれなウォーターシューズまとめてみました

子供と一緒に海や川、じゃぶじゃぶ池へ行く時どんな靴を履きますか?スニーカーだと濡れないよう気を使うし、ビーチサンダルだと歩きにくい…そんな悩みを解消するのが「ウォーターシューズ」です。
引用元:mamari.jp(引用元へはこちらから)
【ウォーターシューズ】はアウトドアブームが始まってから、人気が急上昇したアイテムで、最近は実用性だけではなく、ファッション性も出ています。
引用元:yaplog.jp(引用元へはこちらから)
特に女性向け【ウォーターシューズ】はカラフルで、現在の女性向けアウトドアファッションにもマッチするデザインや色が揃っています。
引用元:yaplog.jp(引用元へはこちらから)
速乾素材やラバーでできているため、濡れてもすぐ乾き、水遊びのお付き合いにぴったり♡
引用元:mamari.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アウトドアが今は当たり前のレジャーになって、それだけデザイン性も【ウォーターシューズ】に求められていると言っても良いでしょう。
引用元:yaplog.jp(引用元へはこちらから)
デザインのキュートさ、実用性の高さ、意外とさまざまなカジュアルファッションとの相性の良さから注目されているのが【ウォーターシューズ】です。
引用元:yaplog.jp(引用元へはこちらから)

定番はcrocs(クロックス)

独自開発した「クロスライト」という特殊樹脂を使い、靴底の厚さや前後に可動するストラップなどにもこだわった機能的なデザインを生み出してきました。すべてのクロックスシューズには、この「クロスライト」素材が使われています。この「クロスライト」素材が、抗菌性と防臭性に優れ、快適な履き心地と軽量性を約束する、人間工学に基づいたリサイクル可能なシューズづくりを可能にしているのです。
引用元:www.amazon.co.jp(引用元へはこちらから)
水に強い靴といえばクロックス!足の指を締め付けないデザインと軽さで人気です。
引用元:mamari.jp(引用元へはこちらから)
キッズ用のバリエーションも豊富なので、家族お揃いで履いてもいいかもしれません。
引用元:mamari.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本格的なアウトドアにKEEN(キーン)

サンダルはつま先を守ることができるのだろうか」この想いとデザインともの作りに対する純粋なチャレンジによって生み出されたのが、創業モデルのNewportです。トゥ・プロテクション(つま先の保護機能)を備えた「靴を超えたサンダル」は、サンダルの新しい潮流として、アウトドアシーンのみならず、多くの人の注目を集めました。現在は、機能、ファッション、環境への意識を融合したシューズ、ソックス、バッグ、クロージングを展開し、《HybridLife》へ向けて斬新な商品を作り続けています。
引用元:www.amazon.co.jp(引用元へはこちらから)
アウトドアブランド・キーンの水陸両用サンダルは、メンズライクなゴツめのデザインが特徴。
引用元:mamari.jp(引用元へはこちらから)

夏フェスなどでも定番♡

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フェスティバルやパーティで流れる音楽は、僕たちの絵のアレンジも変えてくれる。人間が音楽から受けるグッドバイブレーションは、精神的にも肉体的にも非常におおきい。まるでビタミンの様な存在なのだ。せっかく地球に生まれたのだから、見た事無い景色や文化、聞いた事無い音楽を沢山探しにいきませんか?
引用元:www.amazon.co.jp(引用元へはこちらから)
たった一度の短い人生の中で、どれくらいの愛とグッドミュージックに出逢えるんだろう。百聞は一見にしかず。耳を使い、足を使い、目を使い、あなただけの世界観を発見しにいこう。"年に1度は未知の土地へ足を運ぶように"バックパックに詰め込み、未開の旅のお供に是非!
引用元:www.amazon.co.jp(引用元へはこちらから)

足元をカラフルにcosby

レジャーの場面にぴったりなかわいらしい「cosbyサンダル」、色のバリエーションも豊富で夏の足元をカラフルに演出してくれる、重量も1足180gと超軽量の為、長時間の使用でも疲れ知らず。
引用元:www.gigamen.com(引用元へはこちらから)
通気性にも優れてそしてなによりコストパフォーマンスが素晴らしいではないですか、シーズンでしか使用しないサンダルだからお値段は安い方が嬉しいなぁ、という方にはぴったりの1足!
引用元:www.gigamen.com(引用元へはこちらから)
デザインも色も悪くないです。
値段相応の仕上げですが、
酷使してはいてますが、まだ壊れません。見栄えの劣化も最少です。
引用元:www.amazon.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者