2016年07月06日更新
教育 裸足教育 見直し

実はメリットがいっぱい!乳幼児期だけでも取り入れたい裸足教育

「裸足教育」と聞いて、「そういえば学生時代はすぐ裸足にさせる体育の先生がいたなぁ・・・」と思う方も多いのでは。近年めっきり減った裸足教育ですが乳幼児期だけでも取り入れるメリットは大きそうです

3205
0

裸足教育をごぞんじですか?

人間の足は、直立二歩行という特異な運動様式を持ち、それに関連して様々な特徴を有しています。その特徴の一つが、足裏に3つのアーチを形作る「土踏まず」であり、その「土踏まず」の存在が、着地の際の衝撃を軽減したり、姿勢を制御したりするなど運動能力に影響を与えていると言われています。
引用元:www.body-meister.co.jp(引用元へはこちらから)
最近の子供達は都会だけでなく田舎でも、自然と触れあう機会が少なくなった。はだしで原っぱを駆け回る、また、砂場で遊ぶことも安全面が優先され、子供達が元気に外で遊ぶ姿が見えなくなって久しい。それにつれて、子供達の日常生活は季節感を失い、アレルギーやアトピーなど、それに伴う疾病も増えている。子供の健康面を考えると、はだしになることが望ましい。
引用元:maruta.be(引用元へはこちらから)

裸足教育の効果

①足裏の皮膚が刺激され、足の指が自由に動き、筋肉が十分に使われる。
引用元:maruta.be(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

②足が直接大地に接し、自然との関係が実感できる。
引用元:maruta.be(引用元へはこちらから)
③足裏が大地の石ころや木の根や土のでこぼこや草によて、足にある反射区が刺激を受け、体の諸器官や機能を回復させ、活性化させる。
引用元:maruta.be(引用元へはこちらから)
④足を靴から解放することによって、足の皮膚呼吸を活発化させる。
引用元:maruta.be(引用元へはこちらから)

脳の発達も

乳幼児期に裸に近い姿で自然に触れることにより、五感を刺激して脳の発達を促すらしいです。裸足で園庭を走り回ることもそれと同じで、手で泥んこ遊びをする園は多いですが、足で泥のヌルヌルを感じたり、水溜りに入ったり、遊具を駆け上ったりという経験はあまりありませんね。大変貴重な体験だと思います。
引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

とにかく健康に!

驚いたのは、とにかくみな健康になることです。
風邪を引いてもすぐに治る。体はいつもぽかぽか。
靴下をはくとかえって足がベタベタするらしく、娘は小学校の間は靴下をはかないで学校に行っていました。
冬のコートも要らない、と、パーカー一枚羽織って登校。
今も、真冬にもかかわらず、薄着で過ごしています。
かなり冷え性の私とは「本当に親子か?」と思えるほど体質が違っています。
もちろん土踏まずもクッキリです。
引用元:komachi.yomiuri.co.jp(引用元へはこちらから)

偏平足の解消

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:www.snmk1.net
偏平足↑
「背骨がぐにゃぐにゃになっている。」「転んでも手で支える事が出来ずに、顔に怪我をする。」などと共に、子供の身体の変化の一つとして、土踏まずの未形成が問題になっています。土踏まずは着地の衝撃を弱めたり、小さな力でどんどん歩くのに大切なもので、かつては小学校入学までにほとんどの子供の土踏まずの形成が終わっていたのですが、今では、約4割の子供が未形成で就学しているといわれます。
引用元:www.shimadayouchien.jp(引用元へはこちらから)
土踏まずがないということは、身体が大きくなるにも関わらず、足の骨組は生まれた時と同じ状態という事で、疲れ易いとか、バランスが悪いという問題が起きるのです。
引用元:www.shimadayouchien.jp(引用元へはこちらから)
裸足教育はしっかりと足裏を使用することになりますから偏平足の解消にも役立ちます

でも・・・教育現場では減少中

最近は安全面や衛生面の問題を考慮してからか、幼稚園・保育園、そして小学校でも裸足で生活する子供たちを見かけることは少なくなっています。
引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

私の勤務校では、昨年までは出し運動を行っていましたが、今年から廃止となりました。
引用元:oshiete.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)

その理由

1、昨年度、裸足であったために起こった大きな怪我が3件あった。机の脚が落ちてきて、爪がはがれる等。画鋲を踏むような小さな怪我もしばしば。
 足の怪我等ではだしになれない児童は数名います。大勢が一緒に運動場に出る時、はだしと靴が混在すると、踏まれた時に痛い。
引用元:oshiete.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)
2、登下校時は裸足のまま靴を履くため、靴が臭って、不衛生である。
引用元:oshiete.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)
3、はだし運動をするために、石拾いをしたりして運動場を整備する時間がとりにくくなってきた。
引用元:oshiete.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)
4、社会に出ると、普通靴を履いている。
引用元:oshiete.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)

そこで・・・

教育現場だけではなく日常から取り入れてみて

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ

まとめ作者