2016年07月07日更新
掃除 子ども 教育

子どもがすすんで掃除をするようになる5つのコツ

子どもの将来のためにも、自分の子どもには掃除をする癖を身につけてほしいですよね。今回は、子どもがすすんで掃除をするようになるコツを5つご紹介します。

1119
0

掃除こそ早期教育が必要!?

子どもが成長して思春期ぐらいになると、親の言うことを聞いてくれなくなる時期がきます。大きくなってから教えようと思っていてもなかなか上手くいかないものです。
引用元:sumai-kobako.jp(引用元へはこちらから)
掃除は、習慣の問題ですから早めに教えた方が身に付きやすいですし、掃除自体は難しいテクニックを使うものではないのですから、小さな子どもでもできることが多いです。
引用元:sumai-kobako.jp(引用元へはこちらから)
あまりに早くに教え始めても、思うように習得してくれるものではありません。子どもの発達がある程度進み、いろいろなものに興味を示してチャレンジするようになるのが6~7歳ぐらいからだと言われています。小学校に入学するのが6~7歳というのは、理にかなっているものなんですね。
そこで、本格的に掃除を教えるのは、小学生になってからぐらいが良いと思いますよ。

引用元:sumai-kobako.jp(引用元へはこちらから)

1. ママが楽しく掃除する

出典:ameblo.jp
トイレ掃除する女性」の ...

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「あー!もう!また食べ散らかして!!」
などと、怒りながら掃除をすることはありませんか?
掃除をするときにいつも怒っていたり、面倒くさそうにしていたのでは子どもは掃除に対してネガティブな印象をもってしまいます。
引用元:sumai-kobako.jp(引用元へはこちらから)
親が普段から本を読んでいれば、子どもにも読書習慣がつく、と言われています。同様に、普段から親が掃除をしているところを見せることで、子どもも自然と掃除をするようになります。
引用元:sumai-kobako.jp(引用元へはこちらから)

2. 一緒に楽しむ工夫をする

出典:iku-share.jp
... をプラスに変えるママの法則
子供と遊びながら一緒にお掃除を楽しむのも大切です。床のふき掃除や窓ふきを競争しながら一緒にやると、子供は面白いほど一生懸命頑張ってくれますよ。また、子供がお掃除に集中してくれると、ママも別のことに集中できるのもありがたいですよね。ママにとってはお掃除は億劫な家事でも、子供にとっては楽しい思い出になります。
引用元:192abc.com(引用元へはこちらから)
お気に入りの柄や色の布を使って、子供用の三角巾を手作りしてしまいましょう。
引用元:tg-uchi.jp(引用元へはこちらから)

3. 子ども用の掃除用具を用意する

子どもが掃除に興味を示したら、子ども用の掃除用具を準備してあげましょう。小さなホウキとちりとりや、可愛い柄の雑、小さなコロコロなどがあると良いですよ。
子どもによっては、2~3歳で興味を示してくると思います。女の子がママの口紅で勝手にお化粧しちゃうのもそれぐらいの年齢ですね。掃除用具は100円ショップで売っているものでも十分です。
引用元:sumai-kobako.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

4. 失敗しても怒らない

出典:adhdoractivechild.com
ADHD or Active Child Episode 1: What’s ...
子どもは大人のように上手にできないのは当然のことですから、ぐしゃぐしゃやびしょにしょになっても、おこらない。おこらない。上手にできなくてもお母さんがひとりで全部やるより、ずっといいのです。「ありがとう。」の気持ちも湧いてきます。
引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)

5. できたら褒める!

出典:nanapi.jp
人を褒めるって楽しいこと!人 ...
ほめられると、脳からやる気を出すホルモンが分泌され、次も頑張ろうと、さらに努力しますからね。
引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)

おわりに

スポンサーリンク

スポンサーリンク

やってみたいものがあれば、ぜひ実践してみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者