2016年07月06日更新
寝付き 睡眠 健康

なかなか寝付けない時の対処法

眠れない夜に眠るためには、リラックスした状態になることが大切です。 眠れない状態というのは、何らかの要因で頭が冴えてしまっていることが原因です。脳が活発に働いている状態から、リラックスしている穏やかな状態に変えていくことで、眠れない夜にストンと眠ることができます。

12319
1

眠れない時、どうしますか?

出典:hth-rockcor.com
眠らなければ、と思うほど…
毎日毎日、寝たいのに眠れない。
寝つきが悪く、眠りも浅い。
疲れが取れない…。
眠れない日々が続くと、肉体的にも疲れますが、精神的にも参ってしまいますよね。
そんな方たちに、寝る方法をご紹介します。

眠れない原因は、交感神経が優位に立っている

スポンサーリンク

スポンサーリンク

眠れない夜にストンと眠るためには、「副交感神経が優位に立っているリラックスした状態になること」が必要です。

引用元:igot-it.com(引用元へはこちらから)
出典:www.1poem.net
どうにも寝付けない時
眠れない夜というのは、この交感神経が優位に立ち、気持ちが静まらないことが主な原因です。眠れない夜は、布団やベッドに入っても、頭が冴えてしまっている状態が多いのは、そのためです。

引用元:igot-it.com(引用元へはこちらから)

・リラックス状態に持っていくことが大事

脳が活発に働いている状態から、リラックスしている穏やかな状態に変えていくことで、眠れない夜にストンと眠ることができます
引用元:igot-it.com(引用元へはこちらから)

「半身浴」をする

眠れない夜には、一度半身浴をすることで、「あなたの脳を興奮した状態から、リラックスした状態に切り替えていくこと」ができます。

半身欲を実際に行う際には、次の点を守るようにしましょう。
引用元:igot-it.com(引用元へはこちらから)
温度:38~40℃のぬるめのお湯
時間:20分程度
入浴剤:あなたのお気に入りの香りのもの
引用元:igot-it.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

あなたの自律神経が、リラックスした時に優位に立つ副交感神経に切り替わるためには、おおよそ1時間程度の時間が必要になります。そのため、就寝する1時間前程度に半身浴を行うことで、最も大きな効果を得られるでしょう。

引用元:igot-it.com(引用元へはこちらから)

「瞑想」する

出典:spiritualism-japan.com
座禅式でなくてよいそうです
寝れないときには瞑想をすれば良いのです
引用元:suimin-hirou.com(引用元へはこちらから)

「ヨガや「ストレッチ」をする

ヨガのポーズやストレッチには、「あなたの交感神経を鎮め、リラックス状態に導く効果」があります。

引用元:igot-it.com(引用元へはこちらから)
就寝前に10分程度時間をとって、ヨガやストレッチの時間にあてることで、あなたの眠れない夜を解消することができるでしょう。

引用元:igot-it.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:blog.livedoor.jp
あくまでも「軽く」
ヨガのポーズでは、特に「鋤(すき)のポーズ」が自律神経の鎮静に効果があるため、是非実践してみて下さい。

引用元:igot-it.com(引用元へはこちらから)

ホットミルクとココアを飲む

ホットミルクや温かいココアを飲むことで、3つの効果を得ることができます。

引用元:igot-it.com(引用元へはこちらから)
眠りに効く成分の摂取:
牛乳のタンパク質が消化されることで、「オピオイドペプチド」と呼ばれるリラックスに効果的な成分が生成されます。


深部体温の上昇:
適温のホットミルクを飲むことで、あなたの深部体温は一時的に上昇します。そして、徐々に体温が下がるときに眠気が生じます。


ブラシーボ効果:
就寝前にホットミルクやココアを飲む習慣をつけることで、ホットミルクやココアを飲んだら眠気が生じるように、体が習慣を覚えてくれるようになります。

引用元:igot-it.com(引用元へはこちらから)
出典:www.lemongtree.com
からだを暖めてリラックス

・ハーブティーなどを飲んでリラックスしてもいい

体内で睡眠物質に変わるトリプトファンを含む牛乳は、睡眠に良い飲み物です。また、リラックスさせてくれるハーブティーはお勧め
引用元:www.guska.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者