2016年07月06日更新
睡眠 脳科学 健康

つい出てしまう「あくび」、思いっきりしちゃってください!

眠くもないのになぜあくびが出るのでしょうか?それにはいくつかの理由が考えられます。 あくびには様々な効果があったのです。

7066
1

なぜかあくびが止まらない

「あくび」は何故おきてくるのか、実はまだそのメカニズムは解明されていないのです。昔から言われていた、「脳が一種の酸欠状態にあるから」とも言われています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

どうしてあくびをするの?

眠気や退屈感があくびを誘うのは、脳の働きが鈍くなってきた証拠。空気を深く吸い込み、新しい酸素をたくさん補給して脳の活動を活発にさせるという。

引用元:health.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)
ストレスなどで過度に緊張したときにも、あくびが出やすい。これは、緊張をゆるめることで覚醒を促す行動と考えられる。

引用元:www.nikkei.com(引用元へはこちらから)
出典:www.akari-house.com
こどもだってあくび
脳は人間の体のなかでもエネルギー消費が多く、熱をたくさん排出する器官です。その脳の一部が過熱して働きが低下しそうになると、あくびをして冷たい血液を脳に送り込んで冷やすと考えられる。

引用元:health.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)
ある研究では気温が体内温度を超えるような環境では、人はあまりあくびをしないという事が報告されており、あくびに体温調節の役割があるという理論を裏付けています。

引用元:www.gizmodo.jp(引用元へはこちらから)

あくびが出るのは「眠たいから」だけじゃなかった!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:meditopi.com
覚醒しようとするのがあくび
“眠たいとき”ではありません。実際はその反対で「起きなくちゃ」という意識のときに出る。寝起きのときにあくびが出るのはそのため
引用元:news.selfdoctor.net(引用元へはこちらから)
覚醒しよう、起きていよう、とする動き
引用元:suimin-syougai.com(引用元へはこちらから)
精神的な緊張にさらされたときにも、あくびが出ます。
引用元:health.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)

あくびがもたらす効果

出典:magazine.gow.asia
動物だってあくび
脳に刺激、血液中に酸素が送り込まれ、脳が活性化
引用元:health.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

あくびによって鼻内部の仕切り壁が大きく拡大・縮小し、
脳に空気を送り込んでその温度を下げる効果がある
引用元:studyhacker.net(引用元へはこちらから)
心と身体の緊張がゆるんでリラックスできる
引用元:www.urraca.jp(引用元へはこちらから)
あくびして涙の分泌を増やすことで軽度の疲れ目・ドライアイ解消
引用元:www.blueberry-eye.com(引用元へはこちらから)

我慢せずにした方がいいみたい!

出典:www.excite.co.jp
あくびが出るということは「脳が疲れています」「酸素不足です」というサインを身体が出していると言うこと。脳のためにも我慢しちゃダメ!
あくびが出やすいのは、覚醒と睡眠の境界から覚醒に向かうとき。寝てはいけないと思っているから出る。だから、退屈な講義や会議であくびが出るのは、起きようとする気持ちの表れ。ほめるべき行動
引用元:www.nikkei.com(引用元へはこちらから)
あくびが出るということは、酸素不足で脳が疲れているというサイン。あくびをすることで酸素を取り入れ、脳の状態を回復させる効果があるため、あくびを我慢すると脳は疲れっぱなし。
引用元:news.selfdoctor.net(引用元へはこちらから)
気持よくあくびをした方が、脳をすっきりさせる
引用元:nap.nemuke.biz(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者