2016年07月06日更新
朝活 睡眠 健康

誰でもすぐにできる!早起きのコツ

朝は早起きしたい!という向上心のある方がいらっしゃいますよね。 早起きするのがつらい、なんて思っていたことが嘘のように、起きるのが楽しくなる方法です。

20226
1

早起きのコツ 科学的

出典:now-or-never.jp
どうしたら早起き出来るのでしょう

寝る前に右脳を活発にする。

夜寝る前に、右脳を活発に働かせると、朝起きた時の目覚めが凄く良くて、早起きすることができます。

引用元:leaders-action.com(引用元へはこちらから)
右脳トレーニング用のアプリを使ってゲームをする方法や、右脳を使った速読の訓練などもいい方法です。

朝の太陽光を取り入れる

寝る前にカーテンを開けておくと、朝、日の光を感じて、気持ちよく目覚めることができます。

引用元:leaders-action.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

睡眠リズムを利用する

起きる時間から逆算して、90分の倍数で就寝時間を決める。
引用元:thechange.jp(引用元へはこちらから)
深い眠り(20〜30分)の後に浅い眠りになり、またレム睡眠になる、この周期が約90分だから、90分の倍数で決める。
規則正しい生活をすることで、規則正しい起床時間になります。規則正しい生活サイクルの上に早い起床時間を乗せてしまえば、簡単に早起きできるようになります。
引用元:earlybird.dgc2.com(引用元へはこちらから)

風呂上がりに眠くなる原理(体温の変化)。睡眠が早起きのカギ。

睡眠は体温の変化と深い関係にあることが、科学的な研究で分かってきた。体の深部の温度が下がってくると代謝機能も落ち、脳が休息を取る態勢へと入る。これが「眠気」だ。
引用元:apital.asahi.com(引用元へはこちらから)

早起きのコツ 精神的

出典:diary.sp-mind.info
心のありようで・・・

スポンサーリンク

スポンサーリンク

早起きする「理由」を作る

何のために早起きしなきゃいけないのかが分からなかったら、さすがに早起きはしないでしょう。私はよく寝る前に明日の流れを一度頭の中で考えて、朝にできることを計画するんですね。そうしたら早起きする決心が無意識的にも強くなりますよ。
引用元:naruhodo.jp.net(引用元へはこちらから)

大好きな曲を聴く

目が覚めてすぐに、大好きな曲をイヤホンで少し大きめの音で聴くと、一気に頭が冴える快感を感じることができるでしょう。

引用元:leaders-action.com(引用元へはこちらから)

起きられない原因を見つける

面白いことに、私は目覚ましをスヌーズモードにしてから目をパッと開けたら、すぐ元気になって起きるんですね。このように、目を閉じたまま目覚ましをスヌーズさせないように私は頑張って起きます。皆さんも自分をパッと起こす動きを見つけてみて下さい。
引用元:naruhodo.jp.net(引用元へはこちらから)

寝る前にポジティブなイメージを

スポンサーリンク

スポンサーリンク

多くの人が眠れないのが、心配ごとがあるからです。研究によるとポジティブな考えは脳波に良い影響を与え、睡眠を早くする機能があるらしいです。寝る前に3つポジティブなことを考える習慣をつけましょう。
引用元:naruhodo.jp.net(引用元へはこちらから)

早起きのご褒美を

早起きできたら自分に何かご褒美しましょう。例えば好きな朝ご飯を食べるとか、ランチに好きなケーキを食べるとか。ご褒美はポジティブ態度をもたらす効果がありますよ。
引用元:naruhodo.jp.net(引用元へはこちらから)

3つのアプローチで

1.問題を再定義する 2.内なる動機をもつ 3.シンプルに取り組む
引用元:blog.sixapart.jp(引用元へはこちらから)

強引過ぎる早起き方法ですが・・・

出展:Youtube

ナンダクロッキー

走って逃げるアラーム時計!これなら必ず寝坊しない!?

逃げ回る目覚まし時計・・・こんな商品もあります

アラームを3分間隔の大音量で流し続ければ嫌でも起きれますかね・・・。自分はコレです。
引用元:okwave.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者