2016年07月06日更新
朝活 睡眠 健康

誰でもすぐにできる!早起きのコツ

朝は早起きしたい!という向上心のある方がいらっしゃいますよね。 早起きするのがつらい、なんて思っていたことが嘘のように、起きるのが楽しくなる方法です。

19774
1

早起きのコツ 科学的

画像を拡大

どうしたら早起き出来るのでしょう

出典:now-or-never.jp

寝る前に右脳を活発にする。

夜寝る前に、右脳を活発に働かせると、朝起きた時の目覚めが凄く良くて、早起きすることができます。

引用元:leaders-action.com(引用元へはこちらから)

右脳トレーニング用のアプリを使ってゲームをする方法や、右脳を使った速読の訓練などもいい方法です。

朝の太陽光を取り入れる

寝る前にカーテンを開けておくと、朝、日の光を感じて、気持ちよく目覚めることができます。

引用元:leaders-action.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

睡眠リズムを利用する

起きる時間から逆算して、90分の倍数で就寝時間を決める。
引用元:thechange.jp(引用元へはこちらから)

深い眠り(20〜30分)の後に浅い眠りになり、またレム睡眠になる、この周期が約90分だから、90分の倍数で決める。

規則正しい生活をすることで、規則正しい起床時間になります。規則正しい生活サイクルの上に早い起床時間を乗せてしまえば、簡単に早起きできるようになります。
引用元:earlybird.dgc2.com(引用元へはこちらから)

風呂上がりに眠くなる原理(体温の変化)。睡眠が早起きのカギ。

睡眠は体温の変化と深い関係にあることが、科学的な研究で分かってきた。体の深部の温度が下がってくると代謝機能も落ち、脳が休息を取る態勢へと入る。これが「眠気」だ。
引用元:apital.asahi.com(引用元へはこちらから)

早起きのコツ 精神的

画像を拡大

心のありようで・・・

出典:diary.sp-mind.info

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者