2016年07月07日更新
子育て 褒める コツ

どんな時でも通用する子供の慰め方

子供を慰めるのって思った以上に難しいですよね。多感な時期だからこそ、子供への言葉や行動が大切になります。今回はどんな状況でも使える子供の慰め方をご紹介します。

1721
0

褒める

褒めることで子供は救われた気持ちになります。また、だんだんと自信もついていきます。
些細な事でも良いので、何かしら見つけて褒めてあげましょう。
ただ、褒めすぎは禁物です。子供が勘違いしてしまう可能性もあります。

話を聞いてあげる

子供が泣いているときは、悲しかったり悔しかったり、様々なことが起こっているはずです。
そんなときは話を聞いて受け入れてあげましょう。
きっと子供も徐々に落ち着いてくるはずです。
頭を撫でながら聞いてあげるとより良いかもしれませんね。

ひたすら側にいる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ひたすら側にいてあげるのも有効な手段です。
何も言わず、ただひたすら側にいる。
そうすることでだんだんと子供は落ち着いてきます。
ひたすらを漢字で書くと、「只管」
只管打坐、つまり座禅でもして待ってみてはどうでしょうか?

具体的な解決策を提示する

たまには自分から積極的に行動してみましょう。
子供の原因を聞いた後は、具体的な解決策などを提示。
わかりやすく、丁寧に説明してあげると子供もすんなり理解できるはずです。
慰められるだけではなく、次へ繋がりますよ。

最後に

子供を慰めるのは、やはり親の役目です。様々な手法を用いて慰めていきましょう。
将来、自分たちが辛くて悲しい目にあったときに慰めてくれるのは成長した子供たちなのです。
今のうちから私達が身を挺して教えてあげましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者