2016年07月06日更新
快眠 睡眠 ハーブ

眠りに効果があるあれこれ

眠りたいのに眠れないという悩みを持つ方は多いもの。快適な睡眠を手に入れるためのアレコレについてまとめました。

1243
0

眠りによるトラブルは避けたいところ

恋人や奥さんが睡眠不足だと翌日喧嘩をする可能性が高くなる
ピッツバーグ大学医学部で精神医学の教授をつとめるウェンディ・トロクセル氏の報告によると恋人や奥さんの睡眠に問題があると、翌日に喧嘩をする可能性が高くなる。しかし、男性側が眠れていなくても、喧嘩や口論が増えることはないという。
引用元:thechange.jp(引用元へはこちらから)

金縛りの半分は睡眠障害によるものである

脳は活動して、体が休んでいるレム睡眠時に、誤って目が覚めてしまうと。意識はあるけれど身体は動かないという状態になります。金縛りの多くは、この状態を体験しているだけの場合が多いです。
引用元:thechange.jp(引用元へはこちらから)

~質の良い眠りは、若さと健康、そして、美しさのもと~

◯ぐっすり眠った方が良いこと◯

*人は寝ている間に、成長ホルモン(新陳代謝)が活発になる。

それも、夜10時~深夜2時の間が一番活発に。

健康のためにも、美容のためにもこの時間、しっかりと睡眠を取っておいた方が良い。


*人は眠っている間に昼間起きた事を、脳が整理する。

眠っている間に記憶が整理されるので、特に受験生等は、しっかり眠った方が良い。


*眠ることによって精神的にもリセットできる。

などなど、ぐっすりと眠ると良いことはたくさん。

引用元:angela1.jp(引用元へはこちらから)

ハーブティーでサポート

スポンサーリンク

スポンサーリンク

眠る前にハーブティーがオススメな理由
ハーブティーにはカフェインが入っていません。そのため眠りにつく前にも安心して飲むことができます。またハーブの香りは心をリラックスさせ、精神的に落ち着くため、深い眠りにつくことができます。
眠りのためのハーブとしてよく知られているハーブに「カモミール」があります。イギリス童話「 ピーターラビット」の中でも興奮したピーターを落ち着かせる為にカモミールのハーブティーを飲ませるというシーンがあるように、ヨーロッパでは昔から活用されてきました。
引用元:shop-dwts.com(引用元へはこちらから)
眠りのハーブティーの飲み方のポイント

pot
眠りにつく1時間前がハーブティーを飲むベストタイミングと言われています。
また、安眠には体を温めることも大事なので、ホットで飲みましょう。
以下に、眠りに最適なハーブをご紹介します。

引用元:shop-dwts.com(引用元へはこちらから)

バレリアン

カモミール

不眠気味の時には欠かせないハーブと言われています。

最近では、入浴剤に入っている物もあるようですね。

が、しかし!このバレリアン、

好き嫌いの分かれるハーブで、香りが独特です。

ちょっと苦手な香りという方も、多いようです。

引用元:angela1.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カモミールティー [お腹と心をリラックス]

マイルドでリラックスできるフレーバーとデリケートな香り。含まれるオイルによって腹部をリラックスさせます。

1日3杯で消化不良も解消、過敏性大腸・大腸炎にも効果的。

リンゴの香りのするフレッシュな100%のカモミールの花を選ぶこと。1カップの沸騰したお湯に大さじ1杯のハーブを入れ、慢性の症状には2ヶ月以上服用するといいです。
引用元:www.biranger.jp(引用元へはこちらから)
仕事の後や就寝前などにカモミールティーを飲むと、リラックスして寝つきもよくなる期待されているので、とてもおすすめです。
引用元:hadalove.jp(引用元へはこちらから)

生活習慣も見直し!

毎日決まった時間に寝起きする

睡眠時間が不規則だと、体内時計が乱れて寝つきが悪くなってしまいます。

ですから、寝つきを良くしたいなら、毎日決まった時間に寝起きすることが大事。週末や休日にもなるべく平日と同じ時間に寝起きするようにしましょう。
引用元:wooris.jp(引用元へはこちらから)
快眠BGMを流す

雨音など単調な雑音は、心を落ち着かせるだけでなく、人の話し声や犬の鳴き声など周囲の騒音を緩和する効果まであり、快眠をもたらすといわれています。

快眠用のBGMを集めたCDなども販売されているので、騒音のせいで寝つきの悪い人は試してみてはいかがでしょうか。
引用元:wooris.jp(引用元へはこちらから)
夜はリビングルームの照明を控えめに
昼間のような照明は自然な眠気の妨げになります。
引用元:www.kaimin.info(引用元へはこちらから)
出典:www.kaimin.info
コーヒーなどのカフェインは眠る前に取らない!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

眠くなってから床につく、就床時刻にはこだわりすぎない。

●眠ろうとする意気込みが頭をさえさせ、寝つきを悪くする。

いつもの入眠時刻の2~4時間前は1日で最も寝つきにくい時間帯。眠れない時は、いったん床を出てリラックスし、眠くなってからもう一度床につくと不眠を解消できることもあります。
引用元:www.kaimin.info(引用元へはこちらから)
同じ時刻に毎日起床。

●早寝早起きでなく、早起きが早寝に通じる。

●日曜に遅くまで床で過ごすと、月曜の朝がつらくなる。

起床後なるべく早く太陽の光を浴びることが、夜、速やかで快適な入眠をもたらします。長く眠って朝が遅いと、その夜の寝つきが遅くなり、翌朝の起床がつらくなりがちです。
引用元:www.kaimin.info(引用元へはこちらから)

適度な運動も欠かせない!

光の刺激は強力な生体リズムの調整因子。太陽を浴びることで、生体リズムは活動開始のタイミングにセットされます。ただし、午前中は覚醒度が十分に高まっていないため、強い運動は好ましくありません。ラジオ体操や太極拳のような体操、もしくはゆっくりとした散歩がいいでしょう。
夕方:人間は、深部体温(体の内部の体温)が下がると眠くなるようになっています。運動すると体の表面の血行が良くなり、体の表面から体温が放散され、これに伴って深部体温も放散しやすくなります。この場合、少し早足の散歩、会話ができる程度の軽いジョギング、水泳など、軽く汗ばむ程度の有酸素運動が理想です。運動による適度な疲労感やストレス解消の効果も睡眠には好ましいです。
引用元:www.brainhealth.jp(引用元へはこちらから)

入浴も最適温度がある!

熱すぎるお湯では、交感神経が興奮してかえって目が冴えてしまい、深部体温まで上昇してしまうため、ぬるめのお風呂が良いでしょう。
ぬるめのお風呂にゆったりつかると、体の表面の血行が良くなり、深部体温が放散されやすくなります。これによって、徐々に深部体温が下がり、眠りにむけて準備が整っていきます。
また、ゆっくりとお風呂につかることは、心身のリラックスにも効果があります。
リラックス効果のある香りの入浴剤やバスソルトなどを使うのもおススメです。
スッキリと目覚めたい朝には、熱さが刺激となる熱めのシャワーが良いでしょう。
引用元:www.brainhealth.jp(引用元へはこちらから)

寝具選びも大切!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者