2016年07月06日更新
日商簿記 日商簿記3級 簿記

【第142回 日商簿記3級試験】解答速報リンクまとめ☆難易度は?配点は?合格率は?引っかけは問題は?

企業で働く者に必須の簿記の基礎知識が身につき、商店や中小企業の経理事務に役立つ日商簿記3級試験。今回の解答・解説・難易度などをご紹介

17876
0

第142回 簿記3級試験

企業で働く者に必須の簿記の基礎知識が身につき、商店や中小企業の経理事務に役立つ。
経理関連書類を読むことができ、青色申告などの書類作成もある程度できる。
経理・財務担当以外でも必要な知識として評価する企業が多い。

試験概要

試験科目 試験時間 合格基準
商業簿記
・5題以内 120分 70%以上

過去の合格率

合格ラインは100点満点中70点以上です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

39.3%(平均合格率)
38.9%(6月試験の平均合格率)
38.8%(11月試験の平均合格率)
40.1%(2月試験の平均合格率)
58.3%(最高合格率・第110回試験)
13.7%(最低合格率・第107回試験)

第142回の日商簿記3級の試験問題 解答

第1問 仕訳5問(配点20点)

1.備品の期中売却(直接法)
2.給料の支払い(社会保険料預り金、所得税預り金)
3.貸付金の回収
4.有価証券の売却(売却手数料は売却損益に含める)
5.現金実査と現金過不足

第2問 商品有高帳(配点10点)

・A品の商品有高帳を移動平均法で記入

スポンサーリンク

スポンサーリンク

第3問 合計試算表(配点30点)

・当座借越に注意

第4問 伝票会計(配点10点)

・商品売上-取引をいったん掛けとする方法
・備品の購入

第5問 貸借対照表と損益計算書(配点30点)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

リンク集

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ

まとめ作者