2016年08月18日更新
イオン ランドセル 2017

ランドセル2017【やっぱりイオンで選ぼうかな?イオンのかるすぽランドセルのブランド徹底まとめ】

いろいろとお店やネットを見て回ったけど、やっぱりイオンで選ぼうかな?と思っている人にイオンの2017年度向け新作ランドセルのブランドを徹底まとめ。

1898
0

イオンのランドセルTVCM

2016年のCM

出展:Youtube

かるすぽランドセルのCM『イオン新入学2017 ランドセル編』

かるすぽランドセルのCM『イオン新入学2017 ランドセル編』

2014年のイオンランドセルのCM

ハーフの女の子で関西弁のエヴァちゃんでした!
出展:Youtube

イオン ランドセル エヴァちゃん CM ハーフ 関西弁 新入学

AEON イオン 2014 CM エヴァちゃん ランドセルガールやねん 来年から一年生 ランドセル 新入学 外国人 ハーフ 女の子 Youは何しに日本へ? フラット...

新聞折り込みチラシ・園児招き試着会

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2017イオンのかるすぽランドセルの大まかなブランド一覧

種類が意外とたくさんあるのでざっとまとめてみました。
1.FLATCUBE(フラットキューブ)
2.GRANDE(グランデランドセル)
3.PREMIUM LEATHER(プレミアムレザー)
4.カスタムランドセル
5.キャラクターランドセル
6.スポーツランドセル
7.ランドセルセレクション
8.24COLORS

1.FLATCUBE(フラットキューブ)

出典:www.aeonretail.jp
2017年モデルのフラットキューブ、スマートGIRL。
女の子
1.スマートGIRL
2.プレッピーGIRL
3.ライトGIRL
4.プリマドンナ
5.ファッショニスタ
6.グランデGIRL

※合計6種類!グランデGIRLはアリアナ・グランデ?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スマートGIRL
めざしたのは、上質なシンプル&ベーシック・ランドセル。かぶせ部分のウイングチップ、シックな飾りベルト、背あてに入れたハートのワンポイント刺しゅう等々、細部に至るまで繊細なこだわりが込められています。
引用元:www.aeonretail.jp(引用元へはこちらから)
男の子
1.スマートBOY
2.プレッピーBOY
3.グランデBOY
4.ヴィセオ
5.ライトBOY

※合計5種類。男の子にもグランデ!

2.GRANDE(グランデランドセル)

女の子
1.グランデ エレガント
2.グランデ キュート
グランデ(grande)は、ラテン語、イタリア語などで「偉大」「大きい」を意味する言葉。 英語の「グランド」(grand)に相当する。 グランデ(grandee) - スペイン、ポルトガルの貴族の特権保持者。 乗用車トヨタ・マークIIのグレードの一つ。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)
男の子
1.グランデ アイビー
2.グランデ スポーツ
グランデBOY
シャープでスタイリッシュなデザインでありながら、フラットキューブ最大級の大容量を実現しました。かぶせやサイドのアクセント、スクエアポケットなど、デザインはもちろん、使いやすさにもこだわっています。
引用元:www.aeonretail.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

3.PREMIUM LEATHER(プレミアムレザー)

素材にこだわったまさにプレミアムなランドセルです。
1.プレミアムコードバン
2.プレミアム牛革
3.イタリアモンタナリオダブルバット

※合計3種類。どれも数量限定。イタリアモンタナリオダブルバットは高いですね。
イタリアモンタナ リオダブルバット
(植物タンニンなめし革使用)
伝統的な製法で仕上げる本物のなめし革を使用し、細部にまでこだわり抜いてつくりあげました。本物だけが持つ、他にはない質感と風合い。使い込むほどに味わいが増してくる、ながく愛せる、プレミアムなランドセルです。
引用元:www.aeonretail.jp(引用元へはこちらから)

4.そのほか・・・

まだまだいっぱいあります。上記で決めれなかった人は以下のブランドの中からお気に入りを見つけてね。
1.カスタムランドセル
2.キャラクターランドセル
3.スポーツランドセル
4.ランドセルセレクション
5.24COLORS

※ぜんぶで8つのブランドがあります。
24色ランドセル
つねに進化をつづける、みんなのスタンダードランドセル。驚くほどのかるさとシンプルなデザイン、選べるカラーバリエーションで、こどもたちの6年間をアシストします。
引用元:www.aeonretail.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者