10万円のオンライン申請はいろいろ問題アリ・みんなの反応まとめ

オンライン申請が早いけど、役所は住民基本台帳とデータの照合を目視でしないといけないので手間がかかる。

42
0

10万円給付の問題点

対象者に正しく支給するには、世帯情報をまとめる住民基本台帳ネットワークの情報と申請時に入力された情報との照合が必要だ。世帯情報は自治体だけが持っているため、申請内容が正しいかどうか、職員が1件ずつ確認している。区は担当する職員を急きょ増やして対応する計画だが、郵送申請以上に時間と手間がかかり、郵送よりも給付が遅れる恐れもあるという。
引用元:www.asahi.com(引用元へはこちらから)
10万円給付の申請はオンラインだと役所の事務作業に時間がかかる
新型コロナ対策として、1人10万円を配る「特別定額給付金」の申請方法を巡り、国が推奨するオンラインではなく、郵送で行うよう呼び掛ける自治体が相次いでいる。
引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

別世帯の分も申請して過払いも。

高齢者はオンライン申請ができないから祖父母世帯の分もとかもあるらしい。

基本台帳は使える場合が決まっている

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コロナはそれに入ってないからアナログで確認しないといけない。

許可

特別に使えると国が許可してくれたらいいけど

スポンサーリンク

スポンサーリンク

暗証番号

暗証番号は窓口でしか変更できない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者