【親子で学ぼう】これからの教育に欠かせない「プログラミング教育」とは?

2020年から小学校で「プログラミング教育」が必修化されたことで、プログラミング学習のテキストや玩具に注目が集まっています。 ところで、「プログラミング教育」って何をするかご存知ですか?

49
0
「くもんが考えるこれからのプログラミング教育~なぜ、いま小学校教育にプログラミングが必要なのか?」をテーマにした記者会見が開催されました。
2020年から小学校で「プログラミング教育」が必修化されたことで、プログラミング学習のテキストや玩具に注目が集まっています。
ところで、「プログラミング教育」って何をするかご存知ですか?
「プログラミングってなんだか難しそう……」
「家でも教えられるの?」
……こうしたイメージを持っている方が多いと思います。
また、「GIGAスクール構想」や「 Society 5.0 」など、なんとなく聞いたことがある……という人が増えているのではないでしょうか。
「GIGAスクール構想」は文部科学省が発表した「義務教育を受ける児童生徒に1人1台学習者用PCと高速ネットワーク環境などを整備し、教育ICT環境を実現させる計画」のことです。
文部科学省は「これからの社会を生きていく子どもたちにとって、将来どのような職業に就くとしても、コンピュータを理解し上手に活用していく力を身に付けることはきわめて重要。」としています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

生活の中にもIT技術が浸透しているいま、「コンピューターを理解する」ことはとても重要です。

Point!

「コンピューター」はパソコンのことではありません!
パソコンを動かしている(=データを処理している)機械のことです
「 Society 5.0 」
サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society)。

狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続く、新たな社会を指すもので、第5期科学技術基本計画において我が国が目指すべき未来社会の姿として初めて提唱されました。

引用元:www8.cao.go.jp(引用元へはこちらから)
……つまり、IoTやAI、ロボットといった技術がより生活に浸透した社会です。
単に生活が便利になるだけでなく、少子高齢化、地方の過疎化、貧富の格差などの課題を克服してい社会でもあります。
2019年3月まで公立小学校の校長として小学校でのプログラミング教育を実践しており、『学校を変えた最強のプログラミング教育』の著者でもある松田孝先生は「この時代を生き抜くために子どもたちに必要なものはコンピューターとお話できる力=プログラミング言語の習得)である」と話していました。
出典:くもん出版
昨今、コンピューターやプログラミングのように順序立てて論理的に問題を解決していく「プログラミング的思考」を身に付けられる玩具がたくさん登場しました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

遊びながらプログラミング的思考を身に付けられるプログラミング玩具は、家庭でできるプログラミング教育の第一歩です。
くもん出版は、自分が意図した活動を実現するための手順を論理的に考える力を身につける「プログラミング的思考」から実際にプログラミングを動かす「ビジュアル/フィジカルプログラミング」そしてプログラミングコード自分で組み立てる「テキストプログラミング」まで、それぞれの段階に適した商品を展開しているそうです。
記者会見では、業界初となる初学者向けテキストプログラミングワークブック『くもんのプログラミングワーク ①はじめる! IchigoJam』、『くもんのプログラミングワーク ②チャレンジ!IchigoJam 』と、4歳からのプログラミング玩具、日本国内で弊社が独占販売となる「マタタラボ」の実演が行われました。

マタタラボ

出典:くもん出版
マタタラボは4歳からプログラミングが学べる手のひらサイズのロボットです。パソコンを使うことなく、いろいろな種類のブロックを組み合わせるだけでロボットを動かすプログラムをつくることができます。ブロックを並べて、ロボットを動かして、違っていたらブロックを並べ変えて…と、試行錯誤しながらロボットをコントロールするプログラムをつくる中で、どのような動きをどのように組み合わせたらいいのか、どのように改善したらいいのか、筋道を立てて論理的に考えていく力、すなわち「プログラミング的思考」を養うことができます。

『マタタラボ プロセット』には、ロボットを動かすプログラムをつくるブロックだけでなく、音楽をつくるブロックや図形を描くことができるブロックも付属しています。多彩な機能で、子どもたちの創造性を刺激し、楽しみながらプログラミングやSTEAM教育※を体感することができます。

※STEAM教育:Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)

引用元:kyodonewsprwire.jp(引用元へはこちらから)

『くもんのプログラミングワーク ①はじめる! IchigoJam』

スポンサーリンク

スポンサーリンク

初学者でもテキストプログラミングに挑戦できる!
小学生でも、経験がなくてもはじめられる! こどもパソコンIchigoJamを使った、タイピングによる本格プログラミング! プログラムを作って、動かして、直して...、トライアル&エラーのサイクルで、プログラミングを覚えるとともに、思考力がぐんぐん伸びます。

1巻目では、コンピューターの基礎知識やキーボード入力のやり方からはじまり、基本的なコマンドを使ってLEDを光らせたり、音を鳴らしたりする、5行程度の簡単なプログラムを作ります。解説を読みながらいっしょに入力し、作ったプログラムを自分で改造して楽しみます。
引用元:www.kumonshuppan.com(引用元へはこちらから)

『くもんのプログラミングワーク ②チャレンジ!IchigoJam 』

初学者でもテキストプログラミングに挑戦できる!
小学生でも、経験がなくてもはじめられる! こどもパソコンIchigoJamを使った、タイピングによる本格プログラミング! プログラムを作って、動かして、直して...、トライアル&エラーのサイクルで、プログラミングを覚えるとともに、思考力がぐんぐん伸びます。

2巻目では、1巻目で学習した内容をもとにしながら、複数のコマンドを組み合わせて、遊べるゲームを作ります。解説を読みながらいっしょに入力し、作ったプログラムを自分で改造して楽しみます。
引用元:www.kumonshuppan.com(引用元へはこちらから)
出典:くもん出版

ichigojamとは?

手のひらにのせられる大きさの、プログラミング専用こどもパソコンです。
IchigoJamにテレビとキーボードをつなげば、すぐにプログラミングを始められます。
インターネットへの接続や難しい設定は必要ありません。
引用元:ichigojam.net(引用元へはこちらから)
松田先生は、自由な発想でプログラミングを組み立て、実行し、試行錯誤を繰り返すことから、プログラミング教育を「現代の砂場遊び」と例えました。

子どもたちにとって、プログラミングは「なんだか難しそうなもの」ではなく、「ワクワクするもの」なのかもしれません。

プログラミング教育を通して論理的な思考を養うだけでなく、試行錯誤したり、時に友達を一緒に協力して考えたりすることがこれからの「新しい学び」に役立つのではないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者