2021年02月05日更新
出産祝い 出産報告 スマホ

出産祝いをもっと楽しく簡単に!スマホで簡単Webおたよりサービス「e-tayori」とは?

洋服やおむつにベビーベッド……出産に先駆けて準備しないといけないものはたくさんあります。 「出産報告」もそのひとつです。 今回は、出産報告の「大切だけどちょっと面倒……」を解決してくれる、今年1月に登場したばかりのWebおたよりサービス「e-tayori(いい・たより)」をご紹介します!

191
0
待ちに待った出産!期待と緊張と、本当に色々な気持ちでいっぱいになるかと思います。
育児の準備・スタートはもちろん、退院の手続きや、役所へ届出、書類の申請に……出産直後は大忙しです。
なかでも、出産直後にやらないといけないことといえば……お世話になった人たちへの出産報告。
出産直後、体調も不安定で、自分たちのことでいっぱいいっぱいだと思いますが、なるべく早く伝えたいという気持ちもあると思います。
葉書を作ったり、住所を探したり……「大切だけどちょっと面倒」な出産報告を「気が重い」と感じている人も多いかもしれません。
また、新型コロナウイルス感染者の増加に伴い「人と会えない」状況が長く続いています。
特に出産後は、赤ちゃんへの感染リスクなどもあるため、実際に会える機会が大幅に減ってしまったのではないでしょうか。
こうした状況を受け、今年1月28日に、離れていても「ありがとう」や「おめでとう」を伝えられるWebおたよりサービス「e-tayori(いい・たより)」(特許出願中)が発表されました。
「e-tayori」はスマートフォン・PCから簡単に出産報告・お祝い金の受け渡しができるWebサービスです。
自分が報告する時だけでなく、出産祝いを送りたい時にも活用できます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

また、自分でつくったWebおたよりとみんなからもらったコメントを1枚の思い出ボードに印刷するサービスもセットになっています。

「e-tayori」を提供する株式会社アスカネットはプロ向けのフォトアルバムや、個人向けフォトアルバムのオンデマンド印刷なども行っているため、メッセージボードもきっと素敵な仕上がりになると思います。

スマートフォンの普及もあり、写真を印刷する機会は減っていますが、やはり印刷した写真を見ると「いいなぁ」と思うことも多いです。

せっかくの機会なので、お祝いコメントと合わせて思い出を形にして手元に残せるのは嬉しいポイントではないでしょうか?
(LINEなどのメッセージは管理がしやすい反面、流れてしまったり、「いつでも見られる」と思ってあまり見返さなかったりするので、お祝いメッセージを個別に保管できるのは、個人的はありがたいと思いました。)
※メッセージボード作成には別途料金がかかります。
一体どのようなサービスなのか、詳しく見ていきましょう!

「Webおたより」(出産報告)サービス「e-tayori(いい・たより)」とは?

おしゃれなテンプレートを使って、無料で出産報告のWebおたよりが作成できます。
つくったおたよりは、メールやSNSで気軽に送信!
テンプレートデザインは20種類ほどあり、きっと、あなた好みのデザインも見つかるはず。

また、e-tayoriはアプリをダウンロードする必要がありません。だれでもWEBから、かんたんにつくることができます。
引用元:etayori.jp(引用元へはこちらから)

Webおたよりの作り方

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【e-tayori(いい・たより) のサービス概要】

e-tayoriを利用する「出産した方・ご家族」は、スマートフォンやパソコンで簡単に20種類のデジタルテンプレートから「Webおたより」(出産報告)を作成でき、送付先住所がわからなくても、作成したWebおたより専用URLをコミュニケーションアプリやメールで送信することが可能です。また、「Webおたより」を受けとった方(親族・友人・同僚など)は「お祝いコメントの送信」や「カード決済でお祝い金」(オプション)を送金することができるため「御祝儀袋」の購入・書留での送付の手間が省け、直接会わなくても「気持ち」を伝えることが可能です。

e-tayori(いい・たより)は「出産されたママとその家族」と「出産を支えてくれた親族や友人・同僚」の間でのコミュニケーションをデジタル上で効率的に行い、さらに「お祝い金のオンライン送金」が可能な今までにない新たなプラットフォームを目指しています。(特許出願中)
引用元:prtimes.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「お祝いコメント」をデジタルで一元管理し、リアルな「メッセージボード」に残す

「e-tayori」では、「Webおたより」(出産報告)を送った相手から返信で「お祝いコメント」を頂くことが可能です。またそのお祝いコメントも「誰からどんなメッセージをもらったのか」をマイページ上から一元管理することができます。

また、デジタルだけでなく頂いたお祝いメッセージを印刷した「メッセージボード」にすることが出来るため、大切な思い出を部屋に飾ることや保管することが可能です。

引用元:prtimes.jp(引用元へはこちらから)

カード決済で気軽に「お祝い金」を「少額からでも」送金することが出来る

「e-tayori」の大きな特徴の1つである「送金」機能は、「1,000円」〜「3万円」の範囲で、カード決済でお祝い金を送ることができます。
新札を用意しご祝儀袋に入れ現金書留などで送ることは面倒な上、少額を送金するのは躊躇しますが、カードによるデジタル送金であれば気軽に少額からでも送金することが可能です。

受け取る側はアカウント開設時に「口座情報」を登録するだけ。受け取ったお祝い金はマイページから簡単に「誰からいくら受け取った」のか一元管理でき、内祝い(お返し)を送る時にも便利に活用できます。
(引き出し時にサービス利用料がかかります)

引用元:prtimes.jp(引用元へはこちらから)

「e-tayori」サービス開始の背景

当社は、今までに「オンデマンド型のパーソナル写真集」(マイブック)や、遺影写真のデジタル化など既存の印刷・プリント技術をデジタルの力で進化させ世の中にないサービスを開発してきました。スマートフォンやSNSが当たり前となった昨今、出産・結婚・入学・卒業などの報告や挨拶状も従来のハガキだけではなく、フォーマルな形で想いがしっかり伝わり、さらにスマートフォン・PC上で簡単に作成できる方法はないかと考え研究開発してきました。

また、昨年からの新型コロナウイルスの影響により、「人と人」が接触することが敬遠され友人や同僚、親族さえも会いづらい世の中になっています。そんな今だからこそ、「出産報告」および「出産祝い」をオンライン上で可能にする「e-tayori」によって、新たな「コミュニケーション」文化を創出していきたいと考えています。
引用元:prtimes.jp(引用元へはこちらから)
新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあり、ライフスタイルや働き方をはじめ、さまざまなことが変化しています。
これまでハガキなどが主流だった出産報告も、現在では、LINEやSNSを活用している人が多いのではないでしょうか。
方法が変化しても、感謝の気持ちや祝福の気持ちは変わらないと思います。
大切な出産祝いは、しっかり思い出にも、かたちにも残るものにしたいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者