出産祝いにオススメ!100均アイテムでDIYしたおむつケーキ♡基本の作り方・お手本まとめ

出産祝いって何を贈ればいいのか迷います。そんな方は、手作りのおむつケーキはいかが?100均アイテムを使ってかわいく手作りできちゃいます。市販のものより愛情がこもっている感じが喜ばれそう。出産祝いに悩んだときの参考にしてください♡

7997
0
出典:d3kw9b2lsnxnex.cloudfront.net
こんな可愛いおむつケーキ、手作りできます。
基本の作り方・お手本作品を見てみましょう。

出産祝いって結構悩む

何か贈りたいけど、趣味が違ったら・・・もう持っているかも・・・・。何か贈りたいけど・・・何を贈ったら・・・???

引用元:bv-baby.jp(引用元へはこちらから)
出典:cc-library.net
悩んじゃう。
そんなあなたにぴったりなのがかわいくて実用的な「おむつケーキ」です。

引用元:bv-baby.jp(引用元へはこちらから)

おむつケーキとは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃん用のおむつを丸めたり、重ねたりして作ったベースにレースやぬいぐるみ、リボンや布なのでデコレーションし、ケーキに見立てたもの
引用元:mamari.jp(引用元へはこちらから)
こんなにかわいいものがあります。
出典:www.instagram.com
今まで何度かオーダー頂いているおむつケーキ♡
見えませんが、後ろには出産祝い系のアイシングクッキーが何個かぶらさがってます^o^

おむつケーキ#出産祝い#オーダー#アイシングクッキー#アイシングクッキー教室nico☺︎

出典:www.instagram.com
おむつケーキ
出典:www.instagram.com

エイデンアンドアネイ#おくるみ#ジャングルジャム#鳥柄#ロイヤルベビー御用達#出産祝い#おむつケーキ#キャサリン妃#ハリウッドセレブ御用達#おくるみ#スタイ

出典:www.instagram.com

出産祝い#おむつケーキ#エイデンアンド#ロイヤルベビー御用達#プリンセスポージー#大人気#キャサリン妃ご愛用#ハリウッドセレブ御用達#おくるみ#スタイ

気に入ったものを買うのもいいけど、せっかくだから手作りして贈りましょう!
100均アイテムで簡単に作れちゃいます♪

100均で作成!おむつケーキの作り方

スポンサーリンク

スポンサーリンク

基本の作り方はこれだけです。
1. おむつをクルクル丸めてラップや袋などで包む

2. ベルトなどで好きなサイズの輪っかを作りその中におむつを詰めていく

3. 詰め終わったらリボンなどで結んでベルトを外す

4. 重ねて飾り付けしたら完成
引用元:jyoshikoredou.com(引用元へはこちらから)
具体例を見てみましょう。

材料

出典:diapercake.blog.so-net.ne.jp
リバーシブルラッピングペーパー
ラップ(22cm)
3色リボン
ハンドタオル
あひるのおもちゃ(お風呂で遊べる用)
パンパース(Sサイズ24枚)
はさみ
輪ゴム(100均のものでOK)
白いヒモ
両面テープ(1cm幅100均のものでも強力タイプをおすすめ)
引用元:diapercake.blog.so-net.ne.jp(引用元へはこちらから)
出典:diapercake.blog.so-net.ne.jp
1.おむつを手前からきっちり巻いていきます。
2.今回は輪ゴムで2重に巻いただけにします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:diapercake.blog.so-net.ne.jp
3.ラップの芯を利用しますが、ラップもついたままにした方が強いのでそのまま使用しましょう。

4.1段目の内側に6個おむつを輪ゴムで固定していきます。
出典:diapercake.blog.so-net.ne.jp
5.2列目は大きな輪ゴムや髪留めのゴムを利用して12枚バランス良く固定していきます。

今回は輪ゴムを5コつなげて大きな輪ゴムにしたものを使用してみました。
出典:diapercake.blog.so-net.ne.jp
6.輪ゴムだけでは不安定なので、白や透明のヒモで真ん中の辺り2本結びましょう。
9.2段目も6枚のおむつを固定して、同様にヒモで固定しましょう。

輪ゴムだけでもしっかり固定されていればヒモで結ばなくても大丈夫です。
これでおむつの土台が完成です。
あとは素敵にラッピング。
出典:diapercake.blog.so-net.ne.jp
端に両面テープを貼り、おむつケーキの土台の上下にそれぞれ綺麗にはりましょう。
出典:diapercake.blog.so-net.ne.jp
タオルマスコットとアヒルを飾って完成。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者