子育ても仕事も頑張りたい。シングルマザー向けシェアハウス

シングルマザーを応援するためのシェアハウスがあることをご存知でしょうか。一人で頑張る女性を応援するための新しい住まいのあり方を紹介します。

2616
0

多くのシングルマザーがお金のことで悩んでいます

「全国母子世帯等調査」(厚生労働省)によると、母子家庭の平均年収は全世帯の平均所得の37.8%しかありません。
暮らし向きは、「大変苦しい」(52.8%)と「やや苦しい」(27%)を合わせて、8割近い母子家庭世帯は「生活が苦しい」と答えています。

さらに、母子世帯の預貯金額は、「50万円未満」が48%、「100万~200万円未満」が8%、「50万~100万円未満」が7%となっています(残り21%は「不詳」)。現代の母子家庭世帯の生活は、大変な困窮状態にあるのです。
引用元:www.npolittleones.com(引用元へはこちらから)

シェアハウスに住むという選択

光熱費やインターネット代が家賃に組み込まれている場合が多いため、
都心であっても一人暮らしにくらべ月々の生活費を安く抑えることができるようです。
引用元:suumo.jp(引用元へはこちらから)

シングルマザー専用シェアハウス

ペアレンティングホーム二子

出典:stone-s.co.jp
各線 二子新地駅 徒歩2分
(東急田園都市線, 東急大井町線)各線 二子玉川駅 徒歩10分

シングルマザー専用シェアハウス。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:stone-s.co.jp
リビングにはたくさんのおもちゃ。

ペアレンティングホーム高津

出典:www.hituji.jp
各線 高津駅 徒歩3分
各線 武蔵溝ノ口駅 徒歩8分

シングルマザーとそのお子様専用。
出典:www.hituji.jp
入居者同士の交流もさかん。
東急田園都市線「高津駅」から歩いて数分のビルの一室。ドアを開くと石鹸のような香りが優しく漂う。玄関にはパンプスやブーツ20足以上が散乱し、室内から子どもたちが駆け回る足音や赤ちゃんの声が聞こえる。保育園のように慌ただしいが、どこかホッとする生活感も入り交じる、不思議な雰囲気だ。
引用元:dot.asahi.com(引用元へはこちらから)
母子家庭に対する一般的なイメージは『暗い』『大変』。私自身も娘と2人きりになった途端、遠くの親にも頼れず、不安で押し潰されそうでした。子ども相手に弱音を吐けず、込み入った話もできなくて……。でも、ここは賑やかで華やか。ママ同士が協力して子どもの世話をし、週末になれば女子会もある。とても楽しいんです。
引用元:dot.asahi.com(引用元へはこちらから)

ペアレンティングホーム阿佐ヶ谷

出典:tokyosharehouse.com
JR総武線 阿佐ケ谷駅 徒歩6分
JR中央線 阿佐ケ谷駅 徒歩6分

5世帯の小規模なシングルマザー専用シェアハウス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:tokyosharehouse.com
子育てに特化したシェアハウスならではの共有設備。
同じ境遇にある母親同士、自然と支え合うようになっていった。女性の娘は保育園に通っているが、女性が仕事で遅くなった時は入居者の誰かがお迎えをしてくれたのだ。他にも、ご飯を食べさせてくれたり、風呂に入れてくれたり。逆に、女性の時間がある時は、入居者の子どもの保育園のお迎えなどをした。
引用元:dot.asahi.com(引用元へはこちらから)

シェアハウスぽたり

出典:sharehouse-potari.com
福岡県のシングルマザー・ファザー歓迎ハウス
一人じゃないって思えるだけで、どれだけ楽になれるだろう。
宮若市にある「シェアハウスぽたり」は、シングルペアレントの子育てを応援する共同住宅です。
引用元:sharehouse-potari.com(引用元へはこちらから)

Mother Leaf 朝霞

出典:dearlights.net
東武東上線 朝霞駅 徒歩20分
西武バス 緑ヶ丘停留所 徒歩5分

子供は2人まで入居可能
※1人増えると共益費が+3,000円になります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

思いがけず、母親ひとりで子どもを育てなければならなくなった方、
子どもに寂しい思いをさせてはないだろうか、と思う事もあるかも知れません。

でも、一緒にいてあげられる時間がどうしても少ない…と心身的に余裕がない中、さらに悩みを抱えてしまうかもしれません。

多くの手助けでなくていい、誰かがほんの少し手助けしてくれれば、生活しやすくなるのに。
そんなシングルマザーの方々を応援するために、「Mother Leaf」は創られました。
引用元:dearlights.net(引用元へはこちらから)

単身者同居型シェアハウス

絆想舎(ばんそうしゃ)

出典:stone-s.co.jp
京急大師線「東門前」駅 徒歩14分
川崎駅バス12分「四谷上町」
バス停 徒歩3分
“みんなで子育て” する健康素材シェアハウス

家族で住めるシェアハウスです。もちろん独身の方、シングルファザー、子育ては一段落した方など、
色々な世代の方にご利用いただきながらみんなで子育てする!がコンセプト。
床材は杉板の無垢素材など自然素材を使用して、シックハウス予防している健康素材シェアハウスです。
引用元:stone-s.co.jp(引用元へはこちらから)

家計に優しい以上のメリットも

シングルマザー同士で心の交流

母子だけで暮らしていたときには、帰宅すれば子どもしか話し相手がいなかった方も少なくありません。シェアハウスで暮らすことで、大人にとっては仕事と関係なく話し相手や相談相手がいることで「ホッとする」という声も多いそう。境遇が似ているからこそ、お互いに深く理解してあげられる部分も多いのでしょう。入居者のお母さんたちはまるで親友同士のように仲良くしているのだそうです。
引用元:suumo.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ

まとめ作者