2016年07月06日更新
名作 映画 監督

サブカル映画コレクション 01【 Jim Jarmusch ジム・ジャームッシュ】特集(その2)

ロックなアメリカの映画監督・脚本家、Jim Jarmusch(ジム・ジャームッシュ)の映画をまとめてみました。

3220
0

Jim Jarmusch ジム・ジャームッシュ

1953年生まれ。
コロンビア大学卒業後、NY大フィルム・スクールに入学。
卒業製作での作品「パーマネント・バケーション」が注目を集める。
1984年の第二作『ストレンジャー・ザン・パラダイス』が、その独特のユーモアと、新鮮な演出で絶賛され、
カンヌ国際映画祭カメラ・ドールを受賞。ジョン・セイルズとともに「ニューヨーク・インディーズ派」の若手映画監督として注目を浴びる。

「デッドマン」

1995年製作
ジョニー・デップが主演です。
今までとは少し系統が違う映画です。
ここらへんの時期はジム・ジャームッシュ迷走期でしょうか???
ある種ロードムービーといっても良いかもしれません。
ポスターの写真ではかなりクールな印象な主人公ですが、はじめはかなり腰抜けです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「ゴースト・ドッグ」

1999年製作
ヒップホップ侍とでもいうのでしょうか?これも迷走してます。
しかし僕の好きな1本です。
「武士道」をかなり崇拝しているのに銃使ったりするところは最高です。
ゴースト・ドッグが「すべて熟知」という謎のTシャツを着てるところもみどころ。
出展:Youtube

【映画予告編】 ゴースト・ドック-GHOST DOG- THE WAY OF THE SAMURAI(1999)

ゴーストドッグ.

「コーヒー&シガレッツ」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2003年製作
これは映画の中でもかなり異質だと思います。
タバコを吸いながらコーヒーを飲んで、ただしゃべっているだけのオムニバス映画です。
この映画の醍醐味は出演者とその会話の内容です。
彼の作り出す独特のぎこちなさや「間」が最高です。
おそらく出演者やジャームッシュを良く知らないと本当の面白さがわからないんじゃないでしょうか。
休日の昼間にコーヒーを飲みながらってのも悪くないと思います。

「ブロークン・フラワーズ」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2005年製作
久々のロードムービーです。
プレイボーイだったおじいさんがひょんなことをキッカケに昔の恋人たちに会いにいきます。
個人的にはジャームッシュ色薄めの映画だと思います。

第58回カンヌ国際映画祭 審査員特別グランプリ
出展:Youtube

BROKEN FLOWERS - Trailers ( 2005 )

Trailer for Jim Jarmusch's film.

「リミッツ・オブ・コントロール」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者