2016年07月06日更新
洗濯 裏ワザ 清潔

しっかり汚れを落として清潔でスッキリ!洗濯に使えるコツ・テクニック・裏ワザ集!

汚れの種類がちがったり、シミやニオイがなかなかとれないなどお洗濯って大変ですよね…。 でもちょっとした工夫で汚れやシミ・ニオイを落としてくれるそうです。 そんな洗濯に関する裏ワザを集めてみました。

4123
1

魔法のお洗濯レシピ

汚れの種類がちがったり、シミやニオイがなかなかとれないなど、
お洗濯の“気になる”ことや望みをかなえて、「もっとキレイに、楽しく」洗濯できるアイデアをご紹介しましょう!

洗濯全般に使える裏ワザ

ペットボトルに水を入れて、しっかりとキャップをし、洗濯機に入れます。
あとはいつものように洗濯機で洗濯をします。

洗濯機内の水流をペットボトルが変化させるため、これまで以上の水流で洗濯物を洗うというわけです。
洗濯をする量によって、ペットボトルの大きさを替えるといいでしょう。
引用元:okguide.okwave.jp(引用元へはこちらから)

おしゃれ着洗いにはこの方法は適していません。運動着やユニホームなど、頑固な汚れ落としにお試しください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

肌着、パジャマ、シーツ、使い古したタオルを酢でふっくらさせる
引用元:kurasi-cafe.com(引用元へはこちらから)

すすぎの際に、大さじ1~2杯程度の酢を入れるだけです。洗濯洗剤はアルカリ性、酢やクエン酸は酸性で、仕上げに加えることで、洗濯物を中和させ、ふんわりと仕上げることができるそうです。

油汚れや泥汚れ

泥汚れは、文房具用の糊を使う
引用元:www.hsay8931.net(引用元へはこちらから)

1. まず泥汚れを水でもみ洗いします
2. そこに文房具用の糊を塗って、普通に洗濯機で洗うだけです。

コレで大抵の泥汚れは綺麗に落ちるそうです。
のりが無かったら洗顔フォームでも大丈夫だそうです。

食事でついた油汚れやシミは、キッチンにあるマーガリンでキレイに落とすことが可能です。

引用元:papimami.jp(引用元へはこちらから)

1.油シミにマーガリンを薄く塗りつける
2. ティシュペーパーを4つ折にしてシミの下に敷き、上から薄い洗剤を掛ける
3. ドライヤーでマーガリンを溶かし、もみ洗いする
4. 1~3を行った後は普通に洗濯機で洗う

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者