2016年07月06日更新
テクニック 裏ワザ コツ

部屋を最大限広く見せるためのテクニック・コツ・裏ワザ!一人暮らしもファミリーもOK!

家具を置いたら意外と部屋が狭かったり、何かレイアウトがしっくりこなかったりと思ったことはありませんか? 少しでも広く感じられるようにするための簡単なコツ・テクニックをご紹介します。

9994
0

部屋を広く見せる簡単な方法

屋を広く見せるためにはどうしたらよいのでしょう。広い部屋に住みたいのは、誰もが感じる思いです。ですが、間取りが決まっている以上、視覚を利用した『広く見せる』部屋作りを考えてみましょう。
引用元:iemo.jp(引用元へはこちらから)

リビングのカーテン色を見直す

お部屋のレイアウトも狭い部屋を広く見せるのには大切なことですが、カーテンの色も色が少し暗くなるだけで、印象がガラリと変わってきます。配置したい家具のデザインに合わせてカーテンも選ぶほうがまとまりがあります。ブラックやブラウンといったダークカラーも人気ですが、暗めの色は逆に部屋を狭く見せることもあります。カーテン色を一度チェックしてみましょう。

引用元:iemo.jp(引用元へはこちらから)

床面を多く見せる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

家具は、床面積の3分の1以下に抑え、床面が多く出るように配置しましょう
引用元:www.polaris-hs.jp(引用元へはこちらから)
ラグ類を敷くなら、大きすぎないものを選び、床面を隠さないようにしましょう
引用元:www.polaris-hs.jp(引用元へはこちらから)

視線をさえぎるものをできるだけなくす

狭い部屋を広く見せるコツは物のボリュームと壁の色や窓を上手く活用することで随分とイメージが変わってくるものです。
本棚・食器棚などのように背丈がある家具は影を作る要因となってしまい、お部屋が暗くなる場合もあります。なるべく明かりが入りやすいように家具の配置などを考えることで空間も広々と見せることができて、お部屋船体が広く感じるようになるでしょう。

引用元:iemo.jp(引用元へはこちらから)
部屋の入り口から奥まで縦に一本長く突き抜ける空間を作ると、部屋が広く感じます
引用元:netallica.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
背の高い家具は、入り口から見えない壁際に置くのがベストです
引用元:netallica.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

間接照明を利用する

間接照明は、奥行感や立体感を加えて、広がった印象を作ることができます。
引用元:m3q.jp(引用元へはこちらから)

窓やテラスからの光を採り入れる

じめっとした部屋よりも明るい部屋の方が清潔感を感じます。又暗い場所は狭く感じます。日光を採り入れるため、窓に大きな家具を置いて光を遮らないようにしよう。

引用元:iemo.jp(引用元へはこちらから)
カーテンの色選びも、壁の色に近い色か、濃い色のものだと部屋に締まりが出てきます
引用元:googirl.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

窓の周りはなるべく何も置かずに、カーテンもしっかりとサイドにきっちりと留めておきましょう
引用元:googirl.jp(引用元へはこちらから)
小さい窓の場合はなるべく物を置かずに光を取り入れるか、光の反射しやすい白い家具を置くとさらに効果的です
引用元:googirl.jp(引用元へはこちらから)

明るい色でシンプルに

初心者でも簡単にできるのは、「白」を基調とするシンプルな部屋作りです
引用元:netallica.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
白は圧迫感を与えず、実際以上に部屋を広く見せる効果があります
引用元:netallica.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
白は光を反射するので明るく爽やかな雰囲気を作ることもできます
引用元:netallica.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

鏡を使う

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ

まとめ作者