2016年07月07日更新
アニメ 名作 映画

涙!感動!友情!希望!素晴しいアニメの世界!新旧とりまぜて名作アニメ映画をご紹介します!【その4】

感動するアニメ映画を集めました。 一般におすすめされているものから、ちょっとマイナーなアニメ映画も取り上げています。

2592
1

絶対に見たい素晴しいアニメ映画まとめ

おすすめアニメ映画まとめてみました。
最近の話題作から過去の名作までどれもおもしろいのばかりです。
なんでアニメの映画はこんなにも良いのだろうか。
時に笑い、時に泣き、時に感動。もっといろんな人に見てもらいたいです。

メトロポリス

心のないロボットに、愛は生まれるか。

手塚治虫の原作を大友克洋脚本、りんたろう監督で映画化したSFファンタジー・アニメーション。
ロボットと人間が共生する巨大都市国家・メトロポリス。
一見理想的な社会かに見えるこの国だが、発達したロボットによって大きな恩恵を受けた者がいる一方、
そのロボットたちによって働き口を奪われた者、ロボットにも人権をと主張する団体など様々な確執が噴出し始めていた……。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

手塚治虫のキャラやメカが登場することで古臭いイメージになってしまうのではと思っていたが、全然問題なかった。サントラに古いジャズを使っていることで、却って作品全体に独特の雰囲気と統一感が生まれ、斬新な感じさえする。
引用元:www.amazon.co.jp(引用元へはこちらから)
想像以上の映像に驚くばかり。ラスト数分の映像はあんぐりと口をあけたまま、閉じる事ができないくらい、びっくりしたし、とても感動した。マンガ・アニメといった言い方を果たしていいものなのか、何か違う言い方をしなきゃいけないな、と思えるほどの作品でした。
引用元:www.amazon.co.jp(引用元へはこちらから)

PERFECT BLUE

女性探偵は追い続ける、残酷な真実『パーフェクト・ブルー』を。

世界中の映画祭で絶賛された本格サイコサスペンスアニメ。

アイドルグループを脱退し、新人女優として活動を始めた未麻は、自分の意向とは裏腹に舞い込む、
過激なグラビアやTVドラマの仕事に戸惑いを隠せない。
だが、彼女の周囲でその関係者を標的とした殺人事件が次々と発生し始めて――。
アニメあまり見ない方でも楽しめる作品です。サスペンスホラーなのかな?映像や演出の仕方が美しいです
引用元:www.amazon.co.jp(引用元へはこちらから)
この映画はお気に入りの1つです。公開当時売れている声優が主人公で出ているので観ましたが、映像としてサスペンスと観ごたえある映画です。
引用元:www.amazon.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

千年女優

その愛は狂気にも似ている。

かつて一世を風靡した大女優、 藤原千代子。
30年前忽然と銀幕から姿を消し、人里離れた山荘でひっそりと暮らしていた彼女の元に、時を越えて古びた小さな鍵が届けられた。
あたかもその鍵が記憶の扉を開いたかのように、千代子が語り始めたその物語は、
彼女が生きてきた70数年という現実の流れから溢れだし、"映画"という幻想の海流を通って、
遙か戦国の昔から、見果てぬ未来の彼方まで広がって行く。
閉ざされた想い出に隠された千代子の秘密とは?

東京ゴッドファーザーズ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ゴミの彼方に愛は見えるか

ギンちゃん、ハナちゃん、ミユキ――。
新宿で暮らすホームレス3人組の前に、意外なクリスマス・プレゼントがやってきた。ゴミの山から生まれたばかりの赤ちゃんを発見したのだ。
勝手に“清子"と命名し、ゴッドファーザー(名づけ親)となった3人は、雪降る街を、親を探してさまよい歩く。
ウラ東京で、人生を生き抜くホームレスたちが、急転する「運命」の中で出会う<奇跡>とは。

パプリカ

私の夢が、犯されている―/夢が犯されていく―

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者