2016年07月06日更新
どんでん返し 映画 エンディング

ストーリーが読めない!エンディングがすごい!「どんでん返し映画」集めてみました!

ラストまでハラハラドキドキがとまらないどんでん返しが凄すぎる映画をご紹介します!

18067
1

びっくりした!そうきたか!痛快すぎるどんでん返し映画

どんなに頭を働かせても予想できない結末の映画。
大どんでん返しなだけではない、見応え抜群の作品を選びました。
見終わった後、まさか!そうきたか!と口走ってしまうでしょう。

アヒルと鴨のコインロッカー

いま最も注目を集める人気作家、伊坂幸太郎の同名小説を映画化。
ボブ・ディランの不朽の名曲「風に吹かれて」にのせて、若者たちの奇妙な友情をミステリアスに描く。
映画やテレビドラマなどで人気上昇中の若手俳優、濱田岳と瑛太がダブル主演。
共演には関めぐみ、松田龍平、大塚寧々といった人気、実力を備えた面々が顔をそろえる。
『ルート225』で高い評価を得た中村義洋が監督を務め、巧みに構成された物語を見事に映像化している。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

マッチスティック・メン

詐欺師のロイは、極度の潔癖症で、オフィスの電話を毎朝消毒せずにはいられず、
下着や靴下を小さくたたんできちんと積み上げないと気が済まない。
ツナ缶ばかり食べている彼は、食器が汚れるからと缶から直接食べていた。
そんな彼も、詐欺を実行している時だけは潔癖症を忘れ芸術的な手腕を発揮するのだった。
ある日、ロイの前に14歳の少女アンジェラが現われる。
彼女は離婚した妻との間に生まれたロイの実の娘だった。
突然娘と暮らすハメになり困惑するロイだったが、さらに驚いたことにアンジェラは詐欺師の弟子にしてくれと言い出すのだった。

SAW

出典:corrientespeliculas.blogspot.com
título original saw iii saw 3 año 2006 ...
密室で足を鎖でつながれた2人の男が直面する究極の選択と苦悩を描いたスリラー。
ともにオーストラリア出身のジェームズ・ワン監督と主演の『マトリックス リローデッド』のアクセル役、
リー・ワネルはこの作品で一躍脚光を浴び、低予算での製作映画ながら全米2000館で公開。
全く先の読めないストーリー展開とスタイリッシュな映像は必見。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

エスター

孤児院の少女を養子に迎え入れた夫婦が、その日以来奇妙な出来事に遭遇する恐怖を描くサスペンス・ホラー。
『蝋人形の館』のジャウム・コレット=セラ監督がメガホンを取り、
実子を流産で亡くしたことへのトラウマと謎めいた養女に苦しめられる夫婦の姿を追う。
悪魔の形相を見せる少女役の子役イザベル・ファーマンの熱演、ホラー作品を得意とする
ダーク・キャッスル・エンターテインメントによる一流の恐怖演出が観る者をとらえて離さない。

アフタースクール

長編デビュー作『運命じゃない人』がカンヌ国際映画祭4部門を受賞したほか、
多数の映画賞に輝いている内田けんじ監督による新感覚エンターテインメント。
30代になった、かつての同級生たちが織り成す“大人の放課後”を、細部まで練り込まれた脚本と巧みな構成で描く。
映画やテレビ、演劇と各界から注目を集めている大泉洋が主演を務め、佐々木蔵之介、堺雅人、常盤貴子など実力派キャストが共演。
予測不可能な展開で観る者を翻弄(ほんろう)する内田監督の手腕が光る。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アイデンティティー

大雨で閉ざされたモーテルに、行き場を失った11人の男女が居合わせる。
そこで起こる連続殺人。生存者たちは疑心暗鬼になりながらも、自分たちに奇妙な「共通点」があることに気づく。
それは偶然ではなく、誰かの企みなのか? 予想もできない結末が彼らを待っていた…。

シックスセンス

高名な精神科医のマルコムは、かつて担当していた患者の凶弾に倒れてしまう。
リハビリを果たした彼は、複雑な症状を抱えた少年・コールの治療に取り掛かる事に。
コールは常人には無い特殊な“第6感”――死者を見る事ができる能力――を持っていた。
コールを治療しながら、彼によって自らの心も癒されていくマルコム。
そして彼には予想もつかない真実が待ち受けていた……。
B・ウィリス主演のサスペンス・スリラー。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ

まとめ作者